幸運にも任意整理にたどり着き、借金を完済できました

2019.03.15 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年くらい
毎月の返済額
多い時で20万円

不足していた生活費を補うためにカードローンを利用した

学生の時には実家を出て関東の学校に通いました。実家が貧乏なので、奨学金が支給される学校へ入学して通いました。寮生活でしたが自炊の量です。実家からの生活費の援助はありませんでした。アルバイトをして生活費を稼ぎましたが、それが上手くいき裕福な学生生活を送りました。好きな服をいつでも買い、誘われれば旅行にもいつでも行きました。楽しい学生生活が終わり就職をして安定した収入を得ましたが、一人暮らしになり生活費がかかるようになります。学生の時のように自由に使えるお金が少なくなったのに、金銭感覚を戻せずクレジットカードに頼る生活になりました。

ジャックスのカード払いから、借入会社がどんどん増えました

給料が突然増えるわけではないので、返済が滞り滞納する会社が増えました。毎年2回のボーナスも全盛期の半額になり不足分を補うことが出来ません。実家はやはり貧乏なので援助を頼ることが出来ず、滞納から逃げて何とか毎月の返済額が少ない所から支払っていく生活でした。遊びにも行けず、でも職場の人にもばれたくありません。服を買うお金や時には食費も底をつきてしまいました。仕事中にも返済の事ばかり考えて、気分が落ち込むこともあります。家賃が払えなくなった時には生きた心地がしませんでした。

返済額が減る事があるとは知らなかったので、驚きました

借金地獄にはまりどうにもならなくなり、もうお金を貸してもらえる会社も無くて絶望的でした。それでも返済応急の電話がたくさん鳴ります。ちゃんとした会社はもうダメなので、ネットで探した危なそうな金貸しの会社に借金の依頼をしたら、その時に電話で対応をしてくれた男性が親身になって話を聞いてくれて任意整理を提案してくれました。その男性は早く手続きをしてスッキリするようにと、法律事務所の紹介もしてくれました。自宅からバスで行くことが出来るその事務所に電話をして話を聞きに行き、その場で任意整理の手続きをしました。その日から返済要求の電話はストップして、毎月の返済額が5万円ほど減額になりました。

電話に怯えなくて済むので、仕事にも集中できるようになりました

債務整理をする前は、毎月何か所ものカード会社の返金できる機会が設置されているコーナーに返済に行かなくてはいけません。サラ金会社が多数入るビルに数か所出入りする時には、周囲の目が気になります。知人にも見られたくありません。しかし任意整理をしたら、指定された口座に1月分の決められた金額を振り込むだけなのです。これなら自宅のインターネットでも出来ます。とにかく周囲に多額の借金の事が知られたくなかったのでびくびくする毎日でしたが、それが無くなり安心して暮らせました。これは返済額が減った事の次に大きく感じたメリットでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

レイクの債務整理体験談

パチンコにはまってキャッシングから多重債務になりました

借入額150万円

俳優になりたくて、借金とアルバイトで暮らしていました

借入額120万円

借金問題なら一人で悩まず、専門家に相談を

借入額200万円

過払い金請求って簡単なんです!

借入額150万円

ライバル心が招いた借金問題

借入額100万円

競輪にはまってしまい借金地獄に。総額で100万円は借金をしていました。

借入額100万円