副業で商売を始めることは難しかった

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

会社の昇給が無くなり副業を初めて失敗して借金。

会社の経営者が代替わりした後から、一気に方針が変わって歩合給が廃止されてしまいました。業績給が中心だったことから、野心溢れる社員が多かったものの、固定給に近い状況となってしまったので、実質的に給料が下がったのです。副業を始めなければ、生活費が不足することが明らかになったので、転職を行なう者以外は一斉に副業を始めて残業せずに帰宅する人が大半になりました。手軽に始められるとして人気があったドロップシッピングに挑戦することにしましたが、これが失敗の始まりでした。綿密な調査を行った上で始めなかったことが悔やまれます。

エポスカード、三洋信販から各80万円の借金。月々6万円の返済。

ドロップシッピングで通販ショップを運営することは、簡単でした。しかし、アクセス数を集めるためにはリスティング広告が必要になることから1アクセス辺りで50円程度経費がかかることになるので、1品販売するための販売経費が掛かりすぎることが難点です。最初からアクセス数が稼げているサイトを持っていなければ、ドロップシッピングは成功しないことが良く分かりました。商品の入れ替えに手間がかかる割には、実入りが少ないことから、リスティング広告に掛けた費用がそっくり赤字として計上される日々に、借金額ばかりが増えて副業が失敗に終わったことが判明したのです。

過払い金が発生したので、時間をかけて何とか全額回収しました。

副業をアルバイトに切り替えて、毎月の返済を地道に続けた結果、5年かけて完済しました。完済すると、増枠しないかと案内が来たものの、金利を切り替えるための契約切り替えが必要と案内されました。不審に思い調べると、過払い金対策のためとあったので、弁護士に相談して調査依頼すると、過払い金が70万円ほどあることが判明したので、返還請求を依頼しました。法定利息分も請求出来たことで、弁護士費用を差し引いた合計63万円が振り込まれたので、ホクホクの気分になりました。頑張って返済した結果として、いつの間にか貯蓄が出来ていたことになります。

過払い金を請求する際は、弁護士にお任せで回収出来たので楽でした。

グレーゾーン金利が違法行為だったことを考えると、酷い借金をしていたことを今では反省しています。時代が違法金利ばかりだったからという背景は確かにありますが、中には正規の貸付を行っていた金融機関もあったので、手軽さからつい手を出してしまったことが悔やまれます。弁護士に依頼して全てお任せで過払い金を回収出来たので、結果的には良かったです。二度と借金をせずに済むように、家計バランスを毎月確認するように、生活スタイルを改めることになりました。今では毎月3万円ずつ積み立て貯蓄出来るようになって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

三洋信販の債務整理体験談

債務整理をしての結果

借入額250万円

相続税対策は親に依頼しておくべきでした

借入額400万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

取引期間が長いと任意整理で一気に借金が圧縮出来ました

借入額240万円

賠償金は減額出来ないが過払い金請求は出来ます

借入額140万円