長年の借金が債務整理でなくなりました

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
8年10か月
毎月の返済額
7万円

パン屋の経営が上手くいかず、借金を負うことに。

数年前、私は勤めていたパン屋を辞めて独立し、念願だった自分の店を持つことが出来ました。小さいながらもパートの従業員さんを一人雇い、コツコツと商売をしていました。その甲斐あって段々、常連のお客様も出来るようになり、商売は軌道に乗るかのように思いました。しかし、数か月後、私の店の近くに有名なパン屋の支店が出来てしまい、お客様が減ってしまったのです。それでも私は値段を下げるなどして何とか店をやっていたのですが、そのうちパートの従業員に支払う給料にも困るようになり、借金をするようになってしまったのです。

アイフルから80万円、アコムから70万円、レイクから50万円の借金。月々7万円の返済。

経営は大変、苦しかったものの長年の夢だった自分の店を潰したくはないという思いから、私は借金と返済を繰り返しながら何とか店を続けました。残念ながらパートさんには辞めてもらうしかなく、私もほとんど収入はありませんでした。しかし、私の焼いたパンを美味しいと言い、店に通ってくださるお客様もいたため、私は頑張り続けました。ですが、私の頑張りも虚しく店の経営は好転することなく、借金だけが積み重なって行き、とうとう店は閉めざるを得なくなりました。あの時は本当に悔しくて、男泣きをしました。

過払い金請求でお金が戻り、借金返済に成功しました

店を閉めた私は借金をなくし、もう一度、ゼロから再出発するため、弁護士の方に債務整理をお願いをしました。まずは無料の電話相談を利用して、私の借金状況をお伝えし、私の借金がどれくらいまで減るのかを聞きました。すると、「過払い金請求」で払い過ぎていたお金をすべて返してもらえれば、それで借金が全額返済できるだろうと言われたのです。驚いた私は早速、事務所の方にお伺いし、「過払い金請求」をしていただくことにしました。すると、その結果、私の借金は本当にすべてなくなったのです。しかも、その上に約40万円が戻ってきたのでした。

暗く辛かった毎日から解放され、やる気がみなぎってきました

商売が上手くいかず、夢だった自分の店を潰し、借金だけが残ったときは本当に辛く、自己嫌悪に陥りました。そして、もうどうなってもいいとすら思った時期もありました。しかし、「過払い金請求」をして借金がなくなったおかげで、そうした気持ちもなくなり、今では前向きに生きています。それもこれもあの時に弁護士の先生に相談をしたからだと思います。一人で抱え込んでいたら、きっと今でも借金が残っていて、暗い気持ちのまま生きていたと思います。借金から解放されれば、そこには新しい生活が待っています。そして、それを手に入れるためにはやはり専門家の方による手助けが必要なのだと強く思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

レイクの債務整理体験談

的確な手助けのおかげで借金をしっかりと返済できました

借入額300万円

弁護士に相談してよかったです

借入額220万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

借入額280万円

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

独り暮らしは家計管理を学んでから

借入額400万円