完済に向けた手助けと、お金の使い方を見直すアドバイスが心強かったです

2019.03.13 更新

主婦

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
3年くらい
毎月の返済額
9万円

独身時代のカード払いやローンの支払いが残ったまま結婚してしまいました。

独身時代はお給料を貯金もしないで自由に使っていました。服やバックを買って、大好きなワインのお店に通っていました。少しお金が足りないなと思った時にはカードローンが利用できます。限度額が50万円だと、この50万円が自分の貯金のような錯覚がありました。こんな生活を続けたまま付き合っていた彼と結婚をして、すぐに子供が出来たので専業主婦になりました。生活に必要なお金は主人の給料で賄うことが出来ます。しかし返済が終わっていないので、毎月の返済はまだまだ続きます。専業主婦になり個人的な収入がなくなった私は、借金の事を主人に相談できずに更にカードローンの借り入れを増やして行きました。

毎月数万円だった返済額が、借り入れが増え続けて10円近くになりました。

独身時代に借りたお金の返済をするつもりで新たな借金をしましたが、時々生活費の足しにもしてしまい、金額が減ることは無くてどんどん増えてしまいました。更に借り入れる会社を探している時は罪悪感でいっぱいになり、これでもう借金は全額返済にて終わらせようと思うのですが、どうにもなりませんでした。主人にばれるのではないかと心配になったり、妊娠や出産もあったので体調を崩すこともありました。精神的に参ってしまい、過食に走ったりイライラして主人に八つ当たりするなど、不安定な状態でした。

債務整理により、毎月返済が出来る金額に変わりました。その気持ちは感謝の一言です。

任意整理の手続きをしてもらって、全体の返済金額は少し減額になりました。それぞれの会社への返済額のプランを調整してもらい、月々の返済額が少なくなったことがとても嬉しかったです。これなら自分でも全額返すことが出来ると安心しました。最初は少し金額が多かったのですが、親や親戚からもらったお祝い金や生活に必要なお金を融通して支払いができました。月日が経つと毎月の返済額が少なくなり、完済への意欲がますます湧きました。少しずつですが毎月貯金が出来るようになりました。そして家族に知られることなく完済できました。

一人で心配して精神的に不安定になっていたのが、債務整理の相談をして助けてもらえる安心感がありました

債務整理をして、家族に知られることなく返済が出来ました。月々の返済額の変更をカード会社にも応じてもらえるし、一人で悩みながらお金の調達方法を考えるよりも安心して返済が続けられました。お金の使い方を変えるきっかけにもなったと思います。独身時代に出来なかった貯金も、事務所で担当してくれた人の助言のお蔭で出来るようになりました。お金の使い方を具体的に相談が出来る人は、周りになかなかいないのでこういうアドバイスをしてくれる人は貴重です。完済できた今は、家計簿をつけて計画的に毎月のお給料を使っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

生活費が足りなくなった時に軽い気持ちでキャッシングに手を出したら、それが癖になってしまい、我に返った時には借金だらけの生活になっていました。

借入額190万円

株で失敗をして借金地獄へ

借入額300万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

借金を払い過ぎたみたいで過払い金が返還されました

借入額150万円

借りて返した段階で既に債務整理予備軍です

借入額170万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円