ペットを引き取りお金がかかり借金をつくりました

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
2年7ヵ月
毎月の返済額
6万円

捨てられるペットを引き取り、飼育で生活費が足りなくなり借金をつくりました

妹夫婦が離婚することになり、飼っていた犬を処分すると聞いて引き取ることにしました。幸いにも暮らしているマンションはペット飼育可能で問題はなかったのですが、躾がまったくされてなく、必要な予防接種も行っていなく、引き取る前から病気を持っていて治療の必要が出てきました。ペット保険も未加入で、すべて実費で行わなければいけませんでした。そのため貯金を半ば使い果たして、さらに退院後の散歩でトラブルを起こして賠償金、そして躾をするために費用が掛かり、足りない分を借金で補わなければいけなくなりました。

楽天カード80万円、アイフル40万円、月々の返済6万円

引き取った犬にかなりのお金を費やして、それでも足りずに借金をしてしまいました。これに関しては命を助けるために必要なもので後悔はしていませんが、返済は厳しく、自分だけなら節約生活も可能ですが、犬に強いることはできません。これまで一人分だった生活費に犬の飼育費や加入したペット保険代も加わってきて、返済額は低めの設定でしたがかなり大変なものでした。時として光熱費や家賃の支払いが厳しくなるとキャッシングを行い、返済と借り入れを繰り返すようになり、危機感を抱くようになっていきました。

任意整理でこの先の利息分が免除されて返済が楽になりました

返済だけなら時間はかかりますがゴールが見えてきますが、時として生活費が足りなくなり、キャッシングをするという悪循環に陥っていました。この先も収入が大幅に増えることはなく、今何とかしなければいけないと感じて弁護士さんに相談をすることにしました。そして債務整理について説明を受けて、任意整理を選ぶことにしました。こちらの方法では借金の総額はそれほど減りませんが、今後の利息分が免除されるので返済しやすくなるメリットがあり、日常英活にほとんど影響が出ないことが良く、無事に交渉が通って返済がしやすくなりました。

利息を気にすることがなくなり、貯金も考えられるようになりました

任意整理が通ってこの先の利息分が免除されて、急いで返済する必要がなくなり少しだけホッとした気持ちになりました。これまでは利息分を払いたくなく、無理をして返済をしては生活費が足りなくなりキャッシングする悪循環を繰り返していましたが、利息がなくなり、返済額を半分にして貯金に回すことができるようになりました。生活費が足りなくなれば貯金を使えばよく、普段の生活に関してキャッシングに頼ることがなくなったのは良かったです。気持ちと暮らしにゆとりが生まれて、債務整理に助けられました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

楽天カードの債務整理体験談

借金生活を整理して、意向は全うな生活を送るように意識が変わりました。

借入額450万円

夫に内緒で200万円の借金。任意整理でパートの収入だけで返済可能に

借入額200万円

債務整理を行ったら安心できる生活がもどりました

借入額210万円

旅行が好きで借金までしました。

借入額120万円

自宅を手放したくなく借金も相続しました

借入額150万円

【楽天カード】不妊治療のためにお金を借りました

借入額200万円