母子家庭で生活苦のため借金をするように

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
8年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

生活費などの足りない費用をクレジットカードのキャッシングローンをするように。

20代で夫と別れてから、母子家庭で子どもを育てていました。前夫からの養育費は始めの数年ほど貰っただけでした。前夫の勤めていた会社が倒産して、養育費を貰える状態でなくなりましたし、連絡が途絶えてしまったのです。化粧品製造会社で月収25万円ほどの収入で、残業や休日出勤も進んでしました。しかし、生活費や光熱費、家賃などを払っていたら、いつもギリギリの状態でした。そして、子どもも学校に通いだすと、もっとお金がかかるようになりました。お金が足りなくなったので、始めは少額借りるつもりで、クレジットカードのキャッシングローンを利用するようになりました。

ライフカード、セゾンカード、プロミス、アコムに合計300万円の借金。

それから始めは少額だけ借りるつもりが、多額のお金が使えると錯覚したこともあり、浪費のために借り入れをすることもありました。そしたら、みるみるうちに借金が増えてしまったのです。生活費と借りるお金が足りなくなると、また消費者金融に借金を作りに行くようになりました。そしたら、借金は300万円になり返済は12万円で、毎月のお金の工面に苦労しました。そして、お金が払えなくなり滞納していたら、職場にまで電話がかかってきました。何とかしなければと思い、図書館で借金に関する本を読み漁りました。

任意整理で借金と毎月の返済額も減り、3年程で無事に完済できました。

本を読むと、将来利息のカットや過払いにより、債務整理をすると借金が減るということを知りました。費用があまりかからず自分で手続きができる特定調停をしたかったのですが、平日に休みをもらって裁判所に行かなくてはいけないので、専門家に頼んで任意整理をしてもらうことに決めました。弁護士の先生に依頼して手続きをしてもらったところ、過払いがあったことと、将来利息をカットしてもらった結果、借金300万円から90万円までに減額してもらえました。毎月の返済額も減ったことで、無事に借金を完済しました。

弁護士の先生が全ての手続きをしてくれたことが良かったです。

弁護士の先生が全ての手続きをしてくれたおかげで、私は何もせずに任意整理をすることができたのが良かったです。任意整理を始める前は、裁判所に行ったり、業者の方とやり取りをすることもあるのかなと思っていました。しかし弁護士の先生が「何もしなくても大丈夫ですよ。」と言ってくれました。仕事と子育てに忙しかったので助かりました。業者の方との交渉もしてくれて、借金を減らしてもらえたので、弁護士の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。借金生活をして時は、お金のことと一人で子どもを育てていかなくてはいけないことに、毎日不安を抱えていました。ですが、弁護士の先生は今後のアドバイスもしてくださり、前向きに子育てをしていこうと思えるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

ライフカードの債務整理体験談

全てを失った為に抱えた借金

借入額150万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

実家の両親が生活に困っているというので借金をして仕送りをしていたら、自分が借金地獄にはまってしまいました。

借入額200万円

結果的に減額になりました。

借入額100万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

浪費していることは自分では全く気付かないことに驚きました

借入額320万円