【モビット】自分で手続きができました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
7年4か月
毎月の返済額
5万円

保険外交員というのは、契約を取るための接待やお客様に配る粗品などが自分の負担になります。まだ入社したばかりで商品に関する知識や営業のコツがよくわからなかった頃には、上手にやりくりすることができませんでした。なかなか契約が取れなかった時期、この支出ばかりがかさんでしまい、消費者金融に借り入れをしたのがきっかけでした。当時は一人暮らしが何とかできる程度の収入だったため、借金を返すだけの余裕がなく、借りては返すを繰り返した結果、とても返すことができないほどの高額な借金に膨らんでいました。

モビット、アイフル、プロミス、アコムから計100万円の借金、月々5万円の返済です。

モビット、アイフルから各20万円、プロミス、アコムから各30万円を借りており、いずれも限度額いっぱいです。滞納するとすぐに連絡が頻繁にきて、営業にも差し支えるようになりました。借金のことばかりが気になり、お客様への対応もどこかいい加減になって、成績が以前よりも悪化する月が増えてきました。もともとストレスに弱かったですが、この時期からしょっちゅう胃が痛くなり、病院に行くとストレス性の胃炎を発症しているといわれたこともあります。当時は返済をすると生活費が足りないくらいの収入でした。

特定調停で支払額を減らしてもらえました。

専門家に頼むお金はなかったので、裁判所に借金の相談をしたところ、特定調停というものがあるといわれました。書記官に書き方を習いながら申し立てを行い、調停の場で今のままでは支払いができないことを、収支表なども添えて主張するという流れです。その結果、追加の借り入れができないものの、毎月4社合計で2万円払って行けばよいという内容で和解できました。弁護士等に支払う報酬も必要なく、毎月の支払いが半額以下になったため、今後はきちんと返していけるという目途が立ってほっとしています。

収入の範囲内で返済と生活ができました。

今では自分の収支の管理もできて、返済額が減ればやりくりできるという自信があったため、債務整理をして問題なく支払いをしています。おかげで、消費者金融からの連絡もなくなって胃炎が改善しました。今までは割といい加減な計算でしていましたが、仕事関係の収支と家計の管理をきちんとすることで、お金というものに対する意識もしっかり持つようになっています。また、自分で裁判所の手続きができたことが自身にもつながって、営業でもお客様と今まで以上に会話を楽しめるようになったように思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

モビットの債務整理体験談

リボ払いは借金地獄の始まりでした

借入額200万円

ホストクラブにはまり、貢ぎ続けた先にあったもの

借入額650万円

幸運にも任意整理にたどり着き、借金を完済できました

借入額200万円

誰にも知られずに借金を処分したいなら過払い金請求

借入額90万円

パチンコで全財産使い果たし借金をすることになりました。

借入額215万円

飲み屋の女に入れ込んでしまった結果通うために借金をしました。

借入額総額250万円