ママ友との付き合いで無理をして借金をしてしまいました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
175万円
借入期間
4年8か月
毎月の返済額
8万円

ママ友との付き合いで無理をしてお金を使って、足りない分を借金するようになりました

結婚してしばらくして子供ができて、いわゆるママ友デビューをしなければいけなくなりました。私が暮らしているのはタワーマンションの中ほどで、上階に行くほどお金持ちが多くなっています。マンション専用の託児所があるのですが、そこを利用すると自然とママ友同士の付き合いがはじまり、上手く行わないと仲間外れにされるなどリスクが大きいのです。月に何度かある食事会はランチだというのに5千円が基本で、1万になる時もあります。誕生日会やお稽古の発表会に出席するなどお金がかかってしまい、足りない分を借金して補うようになりました。

タカシマヤカード75万円、イオンカード50万円、セゾンカード50万円、月々の返済が8万円

高額所得のママ友と無理をして付き合っていくために、足りない費用を借金で補うようになりました。私自身は専業主婦ですが、結婚前はwebデザイナーとして働いていて、今も技術を活かして在宅ワークをして微々たるものですが稼いで、借金の返済とお付き合いのために使っていました。しかし支出の方が明らかに多く、プレゼントや洋服代などをリボ払いにしてすぐに限度額がいっぱいになり、先が真っ暗でした。返済しても終わらない、元金が減らないと、頭の中の半分以上が借金の悩みで埋められるようになりました。

任意整理でこの先の利息分が免除されて支払う額が減りました

無理をした付き合いで借金を作り、夫に知られないように在宅ワークで必死になって返済していましたが、限界が近づいているのが分かりました。頭の中はお金のことばかりで幸せを感じることがなくなって、子供の世話もおざなりになり、このままではいけないと弁護士さんに相談しに行きました。債務整理で個人再生が望ましかったのですが、現在の収入状態が曖昧が申請が通らない可能性があり、時間もかかるということで債務整理をお願いしました。こちらは無事に通って、後の利息が免除されて返しやすくなってくれました。

子どもや夫、自分のことを考えることができるようになりました

債務整理を行う前は頭の中はお金のことで一杯になっていて、在宅ワークに熱中してしまい、子どもとしっかりと対応できていませんでした。任意整理で利息分がなくなったことで、返済のお金を5万にして時間や気持ちに余裕ができて子どもや夫との信頼関係を取り戻せました。そして無理な時はママ友の誘いを断るようにして、自分と経済状態が同じ相手と付き合うようになって、とても楽になりました。危惧していたいじめなどは起こらず、テレビドラマやバラエティに影響を受けて無理をした自分が愚かで、しかし最悪の事態になる前に改めることができて良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

セゾンカードの債務整理体験談

大学時代から勤めていた会社が倒産して債務整理を

借入額160万円

家賃滞納をきっかけに始まった長年の借金地獄を任意整理で解決出来ました

借入額330万円

私が借金を始めたきっかけは風俗でした。貯金も使い果たし、挙げ句、借金をすることになったのです。

借入額200万円

残業が無くなり基本給の低さが響きました

借入額320万円

多重債務を抱えていた友人を助けるために借金をしました。

借入額総額155万円

緊張感を楽しむことになりました

借入額300万円