私を救ってくれた債務整理体験談

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
3万円

風俗にはまりすぎて預金を使い果たし、借金地獄になりました。

私は23歳まで彼女が居たので、風俗とは無縁でしたが、別れてからは人肌が恋しくなり風俗に行くようになりました。そこで不覚にも私は風俗嬢に恋をしてしまったのです。やはり今思えば、寂しさをうめたかったのと、心のどこかに隙があったのでしょう。恋をしてもどうしようもないことがわかっていてもお金を貢いでしまうのです。彼女の笑顔は私の心の支えでしたので、ことあるごとにプレゼントをしたのです。当時給料はしっかりもらっていましたが、それ以上に貢いだため、借金をするようになったのでした。

アイフル、ニコス、プロミス、アプラスからそれぞれ30万円の借金、月の返済は3万円でした。

借金は、最初の一歩で簡単に返済出来たため、次々と額が増えていきました。やがて、4社から借り入れし、多重債務になったのです。借金をしている時の心理状態は一言でいえば悲惨です。毎日朝起きて会社に行く目的が借金を返済するためなのですから、一握りの希望すらありません。将来の希望がないことがこんなにも辛いとは思いませんでした。灰色の街を歩き、会社に行く自分の姿は周りから見てどう思われていたでしょうか。その頃、過食気味になり、身も心もボロボロだったのです。滞納の通知が戦時中の赤紙のようでした。

過払い金の請求ができ、また、利息げなくなりました。

灰色の私にひとすじの光が差したのは、友人から紹介された弁護士でした。私にとって弁護士は、ドラマとゲームの世界でしか関わりがありませんでしたので、生涯弁護士とは無縁だと思っていました。まさか弁護士のお世話になるとはまさか思ってもいなかったのです。弁護士さんに藁をもすがる思いで相談しました。弁護士は、任意整理をすれば債務を減らせる旨説明してくれました。過払い金もありそうなので、返還請求もすることができるということだったのです。そこで、今回は任意整理をして、なんと返済額が40万円減少しました。

前向きに生きることができ、新しい彼女もできました。

債務整理をした結果、精神的な負担が減少していきました。それまでは、毎日のように叶わぬ恋を追い求め、その割には借金だけが増えていっただけでしたが、債務整理をしたことで、完済の目処が立ち、明るい生活をするようになりました。風俗嬢は諦めましたが、驚いたことにそれから数ヶ月で彼女ができたのです。もちろん、風俗にはもう行っていません。やはり、私が明るいオーラを放ち始めたからでしょうか。金銭面についての管理を真剣に考えるようになったのも、債務整理を経験したおかげと言っても過言ではないでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

友人の借金を保証しました。

借入額300万円

高い利用限度額は貯金と勘違いしやすい

借入額210万円

借金して返済を3ヶ月続けたら多重債務者です

借入額250万円

引っ越し費用が足りなくて借金をしたのがきっかけです。

借入額140万円

クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

借入額180万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円