身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
5年10ヶ月
毎月の返済額
12万円

勤務先の交友関係に合わせようと借金。

勤務先で管理職コースに入るためには、学閥グループに入る必要がありました。大学時代から家柄の良い人達だったのですが、入社後には改めて差があることを実感させられました。アフター5に集まるグループが最初かわ区分けされており、昇進の有無がそこで決まる風潮があったので、何とか食い込もうと大学が同じだったので暫く合わせる生活となったのです。今から考えると無謀でしたが、当時は真面目に昇進を狙っていました。就職したら貯蓄を最優先に考える予定でしたが、実際にはクレジットカードのリボ払いと消費者金融からの借入で首が回らない状態に追い込まれたのです。

ニコス、オリコ、エポスカード、アコムから各100万円の借金。月々12万円の返済。

クレジットカードのリボ払いや消費者金融からの借入では、残高スライド元利定額リボルビング方式と呼ばれる一度借りたら元金よりも金利が多くなる払い方が一般的でした。最初は返済額が少なく、利用金額が増えても支払いが少なかったので、安心して多く借りてしまい最終的には返済が苦しい状態で10年経過しても完済出来ない事態になると分かりました。返済額が10万円を超えた段階で気が付いたのですが、既に返済が苦しい状態から戻ることは出来ません。12万円まで返済額が増えた段階で、交友関係を切り替えて返済に専念するしかありませんでした。

小規模個人再生を申請して認められたので、3年で完済出来ました。

毎月12万円の返済には限界を感じて、法テラスに相談すると弁護士との面談を設定してもらえました。チャンスは3回あったのですが、自己破産、個人再生、任意整理と弁護士の意見が分かれました。幸い車や家は持っていなかったので、自己破産を行なうことも考えました。しかし、自分で招いた事態だったので、反省の意味を含めて小規模個人再生を行なうことを決意して弁護士に手続きを依頼することになったのです。再生計画案を作成して裁判所からの認可を貰う際には、債権者からの消極的同意を得る必要がありました。弁護士から債権者に対して自己破産も検討している旨を通知してもらっていたので、反対する債権者はありませんでした。結果として、毎月12万円あった返済額が3万円にまで圧縮出来ました。

家計バランスを整えて暮らして行けることを証明する期間を得られました。

小規模個人再生を利用したことで、甘えを少なくして家計バランスを再度調整し直す期間にしました。3年間で100万円を返済すれば良いことになっていたので、毎月の支払いは3万円でした。小規模個人再生の再生計画案を実施完了する3年後迄に毎月の余剰金から積み立て貯蓄が出来ることが目標でした。暫くは借金が出来なくなるので、急な出費に対する備えを行っておく必要があります。毎月5万円をプールして3万円を返済に、2万円を貯蓄に回す暮らしぶりに慣れることで、完済後も毎月5万円の貯蓄を行える環境が整えられて良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

別除権協定で悩むことになりました

借入額400万円

夫にばれずに任意整理で借金完済

借入額120万円

あきらめていたら、まさかの展開に

借入額300万円

クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

借入額180万円

驚きの結末になったことに感謝

借入額200万円