自己破産は家族全員で行なうことに

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
3年3ヶ月
毎月の返済額
15万円

大学卒業後、アパレルの会社へ就職しまして5年経過した頃に、父が独立して自営業を始めました。1年ほどは順調でしたが、大口の顧客からの仕事が突然途絶えて経営が悪化したわけです。営業をかけて新規受注を得るために運転資金が必要になったものの、銀行からの融資が受けられず2人いた社員の給与を払うためにお金を工面するように言われて、渋々了承しました。何とか消費者金融と信販会社から200万円工面出来ましたが、状況が好転せずに最終的に借入額が500万円に達しました。督促の電話と訪問が会社にも繰り返されたことで、会社を辞めることになり生活が成り立たなくなったのです。

みずほ銀行、オリコ、プロミスから各120万円の借金。アイフルとモビットから各70万円の借金。

みずほ銀行カードローンの返済が最初に厳しくなり、滞納3ヶ月で突然代位弁済が保証会社に対して行われ、オリコからの督促電話が会社にも入るようになりました。余りにも電話の本数が多くなったので、会社から不審に思われて配置転換が実施される内示があったので更に給与が減額されることから、退職を余儀なくされました。生活が立ち行かなくなり、家族でどうしようかと悩む日々が続きましたが、会社を畳んで全部清算するしか無いことになりました。生活レベルは最低になり、家も売却することとなったのですが、家族の結束だけは強くなりました。

自己破産により免責決定が得られて借金がゼロになりました。

家族4人が保証人関係にあったので、家族全体が一斉に自己破産申請を行なう必要がありました。会社の清算と同時に自己破産申請を行なうために、債務整理に強い弁護士へ依頼することとなりました。弁護士から受任通知が各債権者へ発送されると、督促は止まりました。自己破産申請から免責決定が下りる迄の間も生活する必要があり、父のみ家の売却があったので時間がかかりましたが、全員免責決定が下りて今まで毎月15万円の返済があったものが無くなったので、派遣会社経由で工場勤務して生活を成り立たせることが出来ています。

苦しい時期を家族全員で乗り越えたので結束力が出来ました。

事業を起こしてみたかった父の夢を深追いしてしまったことで、最終的に債務整理を行なうことになりました。自己破産を行なうことで多くの人に迷惑をかけてしまう結果となりましたが、現金主義に家族全員が切り替えるキッカケとなり、家族間の会話が増えて結束力が高まりました。自宅を失ったことは残念ですが、派遣会社経由で同じ工場勤務を行っているので、職場やお金の悩みは無くなりました。家計簿を付けて常に家計状況を把握出来るようにしたことは、弁護士に陳述書作成に必要なこととして指示された内容でしたが、自己破産後も家計状況の把握をするために続けています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

モビットの債務整理体験談

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

生活費に当てるつもりで借りました。

借入額180万円

病気が切っ掛けで借金することに、返済に困った私が最終的に行ったのは任意整理でした

借入額280万円

金利が高いと雪だるま式を実感出来るものです

借入額160万円

借金でどうしようもなくなったら債務整理をお勧めします

借入額220万円

任意整理の結果、200万円もの高利負債を無利息の80万円に減らすことが出来ました

借入額200万円