生活費や娘の習い事の費用をまかなうために借金

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
4年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

夫の会社が経営不振で、給料とボーナスが激減したための借金。

裕福な家庭ではなかったので、周りの友達がピアノや水泳などの習い事をしているのがうらやましくて仕方ありませんでした。結婚して子供ができたら、好きな習い事をさせてやりたいという思いがあったのです。借金するようになったのは、30代の頃でした。結婚をして子供も生まれ、順風満帆の生活を送っていました。子供は女の子で、ピアノやバレエがが好きで、習わせていました。ところが夫の会社が経営悪化で、毎月の給料とボーナスが激減しました。習い事をいくつかさせていて、辞めさせたくないという思いがあり、月収12万前後の食品加工会社でパートで働きに行きました。いつからか生活で必要なお金が足りなくなると、クレジットカードのショッピングリボやキャッシングを利用するようになったのです。

三菱UFJニコス、アコム、アプラスから合計150万円の借金。

クレジットカードのショッシングとキャッシングの利用枠も満額までになると、支払いがスムーズにいかなくなりました。返済日に遅れがちになり、返済のためのお金を消費者金融で借りることにしました。生活費と光熱費、携帯代や習い事代などの支払いが遅れそうになると、それも借金をして返済するようになり、総額150万円まで膨れあがってしまいました。返済しては借りてしまうという悪循環を何年も続けていて、何とかしたいと思うようになりました。そして市民センターで無料の法律相談会があるということで、行ってみることにしました。

任意整理したことで借金が減り、一括で完済できて本当に嬉しかったです。

相談を受けてくれたのは、司法書士さんでした。相談してみると、特定調停か任意整理で債務整理をするのが良いですよ、とアドバイスをしてもらいました。2つの方法を分かりやすく丁寧に説明してくれました。気になることも何でも言えましたし、対応が良かったので、こちらの司法書士さんに任意整理を頼むことに決めました。その結果、150万円あった借金が45万円までに減りました。夫婦協力し合い、残りの借金は一括で支払うことで、借金0にできたのです。数年間の借金生活から脱却できたのが大きな喜びでした。

主婦業にも専念できるようになりました。

借金生活をしていたころは、返済に追われる毎日で、金策のことばかりで他のことが手につかないこともありました。家の中が片付いてないということも多々ありました。債務整理をして借金問題が片付いたら、普通の主婦業にも専念できるようになり、家の中はキレイになり、前とは違う明るい雰囲気になりました。夫の会社も企業努力により経営も上向きになったことで、お給料も前よりは上がりました。夫婦ゲンカも絶えない時期もありましたが、今は普通の日常を取り戻せたことで、夫婦の仲も良くなり始めました。債務整理で問題が解決して、返済に追われる日々にさよならできて良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

気持ちの整理もつきました

借入額150万円

ダメ夫をつかんだ結果

借入額300万円

貸金業法の改正でとんでもないことになりました

借入額340万円

ギャンブルに嵌ったことで借金を背負うことになりました

借入額240万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

特定調停で債務がスリムになりました

借入額200万円