年老いた両親の介護費用が生活の負担に

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
450万円
借入期間
6年3カ月
毎月の返済額
10万円

介護にかかる費用が足りず借金を繰り返す

両親が高齢になり介護が必要な状況になりました。しかし自分は仕事がありますので、常につきっきりで世話をする事は不可能です。そのためヘルパーやショートステイを利用するのですが、その全てには金銭的な負担が付いてきます。両親ともにそれほど蓄えはなく、貰っている年金も生活するので精一杯の金額しかありません。東京から実家に戻り就職した私は収入が激減してしまい、両親を金銭的に援助したくても限界があります。そうしたとき、どうしても足りなくなってしまう介護費用を借金するようになりました。

最初は1~2万円ほどの借り入れだったのが、450万円にまで膨らみました

初めはお金を借りる事に抵抗があり、本当に少額しか借り入れなかったのですが、だんだん慣れてくると、借金をしているという感覚が鈍くなり、無計画にお金を借りるようになりました。お金さえ払えば両親の事も面倒を見てもらえますので、ショートステイなども頻繁に利用するように。それに伴い借金が増え、月々の返済も厳しくなっていきました。最初は何とか返済を続けていたものの、最終的には滞納するようになり、年老いた介護が必要な両親を抱えながら、借金の督促におびえる日々です。本当に地獄のようでした。

借金が減額され、あと数回で完済できそうです

複数の会社から借り入れをしていたので、初めに各社で過払い金が発生していないか調べてくれました。その結果3社で過払い金が発生しており、その総額が220万円ほど。それらを元本返済にあて、さらに任意整理をすると、あんなにあった借金が60万円ほどにまで減額され、月々の返済も2万円ほどになりました。これなら何とか自力で返済を行えます。一時は自己破産も考えていたのですが、自己破産することなく解決できたのは奇跡のようです。完済できる目途が立ったので、精神的にも余裕が生まれました。

思い描いていた最悪のシナリオから、最善の解決策へと導いてもらえた

自分の判断で「きっとこうだろう」と断定しない方が良いと思います。私の場合がまさにそうでした。相談をしたお蔭で最善の解決策をもって解決できたのです。相談していなければどうなっていただろうと考えると、本当に恐ろしいです。基本的な事ですが、収支をしっかりと把握する事はとても大切だと痛感しました。何とかなるだろうとよく考えもせずにお金を使い続けた結果が、莫大な借金とそれに伴う精神的な苦痛です。自分の経済状態に見合ったお金の使い方をするよう良いきっかけが貰えましたので、あの地獄のような日々に逆戻りしないようしっかりとお金を管理し生活していきたいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

レイクの債務整理体験談

住宅ローンと返済を頑張ります。

借入額200万円

借りて返した段階で既に債務整理予備軍です

借入額170万円

借金問題で悩んでいるなら、絶対に債務整理すべき

借入額200万円

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

借金地獄から抜け出したい!!債務整理で救われた体験記

借入額80万円

お酒と借金に溺れていた人生からの再起

借入額160万円