債務整理を行ったおかげで催促も無くなり、最終的には借金問題が解決出来ました

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
1年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

リーマンショック以降、業績が悪化、収入が減っても生活レベルを落とせない見栄からの借金でした。

リーマンショック以降は会社の業績が悪化、仕事の量も今までとは比べ物にならないくらい激減したのです。同僚の中にはリストラされてしまった人もいました。自分はリストラに遭う事はありませんでしたが、ボーナスはゼロになる、給料も半額以下になるなどの最悪の状態になり、生活レベルを落としたくない自分は借金をしてしまったのです。以前と同じような生活レベルを維持するためにはお金を借りるのがベスト、収入が元に戻れば返済は楽に出来ると言う安易な考えもありました。しかし現実とは裏腹に、収入は更に減ってしまい、返しては借りると言う自転車操業状態に陥ったのです。

三井住友銀行から60万円、アコムから30万円、モビットから30万円。月々8万円の返済です。

滞納自体はありませんが、返済が遅れる事が度々ありました。最初に内は返済が遅れても連絡が来る事は無かったのですが、数回の遅延をしてしまったため、電話の催促が来るようになりました。返済は月末に集中していたため、月末になると電話が鳴るだけでビクビクするようになり、通常の生活もままならない状態になってしましました。返したい気持ちはあるものの、まとめて返済してしまうと生活が出来なくなるなど、返済が困難な状態になり、家族に借金の返済などについて告げると、子供を連れて実家に帰ってしまうなどの家庭崩壊になったのです。

借金が大幅に減ったので、収入での返済可能な状態になりました。

個人再生の手続きにより借金の額は120万円から50万円まで減額する事が出来ました。減額後の借金は3年間の中で返済計画通りに返す約束になりましたので、過去の生活を改めなければなりません。個人再生の手続きを行う時に再生計画書を作成したのですが、債務整理を依頼した弁護士から再生計画書に基づいて裁判所が認めてくれたため、計画書通りに実行するようにしないといけない事を教わりました。尚、債務整理を依頼した事で催促の電話が入る事が無くなり、以前のような生活を取り戻せた感じがしました。

減額となった収入でも返済が出来るようになり、借金地獄から脱出する事が出来ました。

債務整理を依頼した事で返済の催促が停止した事、個人再生の手続きにより返済しなければならない金額が減り、少なかった収入でも返して行ける金額になった事は大きな成果です。実家に帰ってしまった妻や子供も戻って来てくれて、パートをしながら残りの返済の協力をしてくれるようになった事など、家族の大切さを改めて知る事が出来ました。以前のような贅沢な生活は自分だけではなく家族も悲しませてしまう事もあると言う事を知らされたのが借金を背負って解った、債務整理と言う特別な方法で問題を解決して貰った弁護士にも感謝をしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三井住友銀行の債務整理体験談

自分の経営しているお店の運転資金が不足したので借金をした

借入額380万円

任意整理のおかげで300万円もの借金を完済出来ました

借入額300万円

自営業の店が苦しくなり借金をすることに

借入額90万円

財産分与で揉めて慰謝料を支払う羽目に

借入額390万円

呆れた父親に振り回されました

借入額80万円

自営業をしていた当時の運転資金確保のために借金をしました。

借入額6000万円