賠償金は減額出来ないが過払い金請求は出来ます

2019.03.15 更新

会社員

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
6万円

若気の至りで酒の席で喧嘩して殴って怪我をさせてしまい借金。

正社員として働いていた時期に、酒の席で酔って絡まれた時に応戦してしまい、絡んできた相手をケガさせてしまいました。自分から絡んだわけではありませんが、日本の司法制度上では正当防衛以外では告訴されると傷害罪が適用されてしまうので、示談を行なう必要があったのです。双方の弁護士により示談金が160万円で解決したものの、弁護士費用や諸経費を含めると200万円必要でした。貯金が少なかったので急遽140万円を借りて支払うことになり、悔しい思いをしたことを今でもハッキリと覚えています。

シンキ、三洋信販から各70万円の借金。月々6万円の返済。

借金をして示談金を支払ったものの、対外的なケジメを付けるために会社からは左遷指示を受けることになりました。給料は3割減となり、関東地区にある本社から遠く離れた関西地域への人事異動には納得出来ずに、退職を選びました。返済があるにも関わらず、退職を選ぶには腹に据えかねるものがあったからですが、アルバイトを3つ掛け持ちして何とか返済を続けて行き、時間は掛かりましたが完済に至りました。派遣社員として勤務をすることで、飲み会には誘われない環境を今でも維持することにしています。飲酒を一切行わないことは今でも続けています。

過払い金返還請求により、60万円戻ってきました。

賠償金として支払った金額以上に、金利分だけは多く支払っていたことは分かっていました。それでも当時は傷害事件として立件されないことが最優先だったので、今でも示談金を支払う際に借金で賄ったことは後悔していません。しかし、違法金利で貸付を受けていたことを知ったので、職を失ってまでも返済した自分のお金を取り戻すことが出来るなら、すぐにでも取り戻したいと考えて弁護士に依頼しました。全取引履歴を確認すると、過払い金は弁護士費用を除いても60万円に達していることが分かったので、全額回収出来てよかったです。

過払い金は自分のお金ですから、全額回収出来たことは良かったと考えています。

過払い金があると知らなければ、恐らく請求すらせずに10年経過して取り戻す権利が無くなっていたでしょう。インターネット広告やテレビCMを多く流している事務所に感謝の気持ちはあります。しかし、弁護士に依頼して提訴も辞さない覚悟で行わなければ、金融会社により7割程度の返金で誤魔化されてしまう現実も分かりました。司法書士では提訴をすると日当分だけ費用が嵩むので、金融会社も7割和解を狙ってくるわけです。弁護士に依頼することで、最初から提訴前提で対応出来たので回収額が全額となって損せずに済みました。過払い金の請求は、誰に依頼するかで取り戻せる額も変わってしまうわけです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

三洋信販の債務整理体験談

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

取引期間が長いと任意整理で一気に借金が圧縮出来ました

借入額240万円

相続税対策は親に依頼しておくべきでした

借入額400万円

債務整理をしての結果

借入額250万円

副業で商売を始めることは難しかった

借入額160万円