任意整理で多重債務250万円が50万円に激減しました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
7年3ヶ月
毎月の返済額
約7万円

営業成績を上げるため借金をしたことがきっかけで、多重債務者に転落することに。

私が多重債務者に陥ってしまったきっかけは、いわゆる自爆営業です。当時の私は地方の中小通信機器メーカーの営業マンをしており、年収は約400万円ほどでした。要領が悪く営業成績があがらない私は、ノルマを達成するどころか1台の売上げすら出来ない月が増え、上司から厳しく叱責される毎日。同僚の視線も冷たくなるばかりで精神的に追い詰められた私は、自分のお金で製品を購入する自爆営業で凌ぐようになりました。当初そんな真似を何度も繰り返すつもりは無かったのですが、会社での居場所が無くなる恐怖の方が勝り、ついに借金をしてまで自爆営業を繰り返すようになり、あっという間に多重債務状態に陥ってしまった次第です。

消費者金融3社から合計150万円、クレジットカード2社合計100万円。毎月約7万円の返済。

5社からの借金が総額250万円になったところで、どこからも借りられなくなり自爆営業は破綻。再び営業成績が大きく落ち込んだ私は、ついに会社に居られなくなり転職する羽目に陥った次第です。幸いにして転職先の会社では、私の性に合っている事務職に落ち着くことが出来ましたが、年収は300万円程度に落ちてしまったので利息払いだけで手一杯になり元本は全く減らない始末。そんな生活を7年ほど続けたところで、ついに緊張の糸が切れアコムとアイフルの返済を滞らせてしまい、厳しい督促が始まってしまいました。

任意整理で借金は50万円にまで激減。相談相手の弁護士は大変温和で、全てを任せられそうだと感じました。

督促の電話に怯える毎日はあっという間に精神を磨り減らしますが、自暴自棄になって居心地の良い職場に多重債務者であることが発覚してしまう事態だけはどうしても避けなければなりません。何とかしなくてはと思い立ち色々調べたところ、近所の弁護士事務所が債務関係に強いことを知り、早速相談してみることにしました。最初は緊張しましたがプライバシー厳守のシステムが徹底されていて、何より弁護士先生が温和なので相談しやすかったです。相談の結果、任意整理がベストという結論に至り全てを一任しました。債権者たちとの話し合いの結果、金利が免除された上に借金は50万円にまで激減。弁護士事務所に毎月約2万円の2年払いをすることで話がまとまりました。弁護士事務所に支払った報酬は、1件あたり4万円で合計20万円です。

あまりにも多かった利息支払いから解放され、人生が見違えるように充実しました。

任意整理の契約をした次の日から、あれほど厳しかった支払い催促の電話はすっかり止みました。ここまで劇的な効果があるものなのかと、当時は本当に感激したものです。過払い請求をすることで怒った債権者たちが借金のことを知らせてしまうようなこともなく、最後まで借金の事実を勤め先の会社に知られずに済んだことも大変有り難かったです。もし自己破産を選択していたら、現在の居心地の良い会社には留まれなかったかも知れません。人によるので弁護士事務所へ支払う報酬が一概に安いと断言は出来ませんが、過払い時期が長いのであればメリットの方が遥かに上回ると思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

任意整理後にクレジットカードの代わりになる4つの決済方法とは?

目次任意整理したら、クレジットカードはどうなる?任意整理後…

レイクの債務整理体験談

自己破産ができませんでした。

借入額150万円

病気により入院費と治療費がかかり借金をするようになりました

借入額340万円

任意整理をすることで長年の借金地獄から逃れられました

借入額300万円

友人の結婚式のご祝儀を捻出するためにクレジットカードで5万円のキャッシングをしたことをきっかけに借金。家賃や車の購入ローンの支払いを済ますと手元には生活費の3万円程しか残らず、借金が膨らんでいった。

借入額500万円

結婚後の生活費として借金しました。

借入額200万円

見栄やプライドのために借金をしていました

借入額200万円