バイナリーオプションはギャンブルに近い存在です

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年10ヶ月
毎月の返済額
6万円

バイナリーオプションで損失を出して借金。

上がるか下がるかを予想して投資をするシンプルな仕組みから、バイナリーオプションなら簡単に始められると友人からも進められて始めました。最初の1年程度は収益率が20%と良かったのですが、2年目のある日に一気に損失を出してしまいました。夜勤明けで取引をしていた時に、うっかり取引画面を放置して寝てしまったのです。起きて暫く様子が分かりませんでしたが、眠気が一気に冷めるほど事態が急変していました。一気に200万円の損失を出してしまったのです。仕方なく貯金から50万円を埋めて、残り150万円は借金で賄うことにしました。

アイフルから80万円、クオークから70万円の借金。月々6万円の返済。

アイフルとクオークからの借入を同時に返済しながら、更なる副業を行なうことは気力が残っていませんでした。稼ぐことは難しく、損失の発生は一瞬という点を忘れていた自分が悪いのですが、利益を出すために始めた副業で損失から借金まで背負うとは考えていなかったので、ショックが大きかったことは確かです。気を取り直して返済を始めましたが、金利が高いアイフルから優先的に増額返済をすることにしました。総支払額をなるべく少なくして完済を早めようと努力したわけです。今から考えると29%の金利は恐ろしいですが、当時は各社軒並み25%超えていたので違和感はありませんでした。

過払い金を時間をかけて請求し続けたことで、全額回収に成功しました。

借金の完済から2年ほど経過した時に、テレビCMで過払い金について期限があるから急ぐよう急かす宣伝をしている司法書士事務所がありました。司法書士は登記のイメージしかなかったので、通勤途中にあった弁護士事務所の門を叩くと、詳しい事情を説明してもらえました。弁護士の業務として過払い金の返還請求はあるものの、交渉は司法書士でも出来るので和解に持ち込むならば司法書士でも問題ないことが分かったのです。早期和解では全額回収が難しいので、弁護士に依頼すると不当利得返還請求訴訟提起が出来るので回収率が上がります。弁護士に依頼して訴訟提起を行ってもらったことで、弁護士費用を支払った後の金額で67万円が過払い金として入金されました。

依頼先を調べて弁護士に依頼したので、全部お任せで入金を待つだけでした。

過払い金の返還は、不当利得返還請求という部類に入ることをインターネット検索で知りました。弁護士に依頼すれば、代理人として訴訟提起が可能となるので、一度依頼してしまえば待っているだけで回収したお金が振り込まれます。弁護士を選ぶ難しさはありますが、近年は弁護士費用は自由化が進んでいるので件数を多く扱う事務所を探せば費用も安く済むでしょう。過払い金について認識するハードル以外にも、誰に請求を任せるか慎重に選べば、回収額を上げられることを知りました。幸い、知り合い経由で良い弁護士に巡り会えたので良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

セディナの債務整理体験談

債務整理は専門家に任せないと危険です

借入額240万

失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

借入額320万円

債務手続きを実体験しました

借入額200万円

支払いが半分になりました。

借入額100万円

少し罪悪感が和らぎました。

借入額220万円

ズボラな会社経営の結果

借入額500万円