会社訪問をもっと重視しておけば良かったです

2019.03.26 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年10ヶ月
毎月の返済額
9万円

就職先の会社で上司と合わずに衝突して退職し、生活のために借金。

就職活動を行なう際には、会社訪問で同じ大学出身のOBを訪ねることがよく行われています。OBがいない会社に就職してしまったことで、学閥違いによるイビリに遭ってしまい、耐えきれずに会社を退職することになってしまいました。自己都合退職のために、すぐには失業保険給付を受けられず、アルバイト生活を続けながら再就職先を目指すも、勤続年数が短すぎて正社員雇用をしてもらえませんでした。生活のために借金をするようになり、派遣社員として工場勤務をして安定した就業先を確保するまでには、既に借金が300万円に到達していました。

ジャックス、エポスカード、アイフルから各100万円の借金。月々9万円の返済。

派遣会社に登録して、誰とも話さずに作業に集中出来る工場勤務で安定した生活を送ることが出来るまで3年かかりました。それまでに膨れ上がることになった借金の返済と家賃を支払うと、生活費として使えるお金がほとんど無くなっていたので、アルバイトを同時に行なう必要に迫られていたのです。何年続けても借金の返済が終わらない気がして、夜1人でいる時に怖くなりました。悩みを相談出来る人がいなかったのですが、意を決して債務整理に着手しようと考えるようになったのは、結婚を意識したことが原因です。

自己破産により、免責を受けられたので借金を全額返済免除されました。

債務整理を行なうために、法テラスに連絡を取って予約して向かうことになりました。案内されたブースで待っていた弁護士に今までの経緯を説明すると、自己破産で人生をやり直すことを勧められました。派遣社員としての収入では、借金の完済が不可能な状況にあることを認定してもらえれば、免責決定を得やすいからです。20万円以上の資産を持っていなかったので、破産同時廃止という早期に手続きが終わる制度が利用出来たのです。自己破産申し立て書類を作成して裁判所に申し立ててから4ヶ月後には、免責決定を得られたので晴れて借金から開放されました。

破産免責後の暮らしを想定した、無理のない家計バランスを取るようになったことで、生活が安定しました。

自己破産申請は、単に申請しただけでは借金返済義務が残るので、同時に免責決定を受ける必要があります。手続きに不備が無いようにしっかりと対応する必要があり、最初から弁護士に相談して生活改善を行いつつ手続き準備を進められたことが良い結果に繋がりました。免責決定を受けた後は、最大10年間は借金出来ない状態となるので、いかにして貯蓄を増やしながら生活出来るかか重要になります。家計の収支バランスが改善されているか、弁護士による指導の下で自己破産準備出来たことが、今の安定した生活を維持する際に役立っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

ジャックスの債務整理体験談

パチンコで貯金を使い果たし、借金の山になりました。

借入額160万円

ストレスからの衝動買いをカードのリボ払いでしていたら多額の借金を抱え、最後は任意整理する羽目に

借入額200万円

債務整理のメリット・デメリット/26歳会社員

借入額420万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

借金で買い集めた大量のフィギュア

借入額160万円

金利を確認した時に20%を超えていたら任意整理をしましょう

借入額240万円