本当に第二の人生を歩んでいる気持です。

2019.03.25 更新

30代OL

月収
借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
7年2ヶ月
毎月の返済額
4万円

手術を受けるために借金をしました。

元々は会社のOLとしてフルタイムで働いていましたが、30代で心臓に疾患が見つかり、手術を受けることになりました。その時には貯蓄を全くしておらず、親にも医療費の負担を頼めない状況だったため、サラ金から借り入れをして手術や入院費を捻出しました。予想以上に病状が重いこともあり、結局仕事を退職したため、サラ金で医療費を借りる状況が長く継続し、借金がどんどん増えた次第です。その後、転職に成功して今は安定した収入がありますが、当時の返済がネックになって厳しい生活を強いられています。

CFJ、レイク、プロミスから140万円の借金。月々4万円の返済。

CFJから40万円、レイク、プロミスから50万円ずつの借金があり、無職の時には滞納もありましたが、今は追いついて約定通りの返済をしています。保険金などを使って無職の時代はしのいで、就職してからは遅れた分を取り戻すために多めに返済をしていました。そのため、職場の人との交流に使えるお金もなく、仕事の時にあたりさわりのない会話はしているものの、ほぼ孤立無援状態です。夫の収入だけでは生活できないのでこのまま仕事は続けるつもりですが、借金だけでもなんとかして、職場の付き合いにも顔を出したいと思うようになりました。

自己破産のおかげで借金がなくなりました。

自己破産の申し立てを弁護士に依頼したところ、140万円の借金は全て免責されました。弁護士への費用は、受任してもらってから返済が止まったお金を積み立てていたので一括で払うことができ、これでどこにも借金のない状態です。今まで毎月払っていた4万円が自分のお小遣いとして使えるようになりましたので、半分は子供の将来のための貯蓄、半分は自分の交際費や今までおざなりにしていた美容費などに使うことにしました。サラ金からの催促の連絡もなくなり、非常に久しぶりに借金がない生活をしています。

気持ちにもゆとりが出て、職場の雰囲気も良くなりました。

今までは借金の返済のためと割り切って働いていたところがありましたが、今回手続をしてもらったおかげで、仕事や人付き合いの方にも気持ちを向けられるようになりました。支払いがなくなって余裕資金が出たこともあり、今では時々ランチや飲み会などに付き合っています。おかげで、職場内での雰囲気も良くなって、仕事以外のプライベートな時間でも会話ができています。家でも会話が弾むようになり、借金苦や生活苦が周囲の雰囲気も悪くするという事に初めて気が付きました。思い切って自己破産をしてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

レイクの債務整理体験談

浪費は自分では気づきませんでした

借入額200万円

軽い気持ちではじめたことが自己破産に

借入額120万円

洋服やアクセサリーを買うために借金したのがキッカケです。

借入額150万円

アパートを追い出されそうになりました

借入額280万円

過払い金が戻ってきました

借入額150万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円