借金を抱えて三年!悩んで出した答えが特定調停!

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
850万円
借入期間
2年3ヶ月
毎月の返済額
10万円

同僚の開業資金の保証人になり、友人との連絡はそのまま途絶え残ったのは借金だけに。

同僚がスポーツジムを独立するということで、独立開業するために資金が必要だと言ってきました。少しの蓄えはありましたが、さすがに開業資金になるほどのお金はありませんでした。しかし、友人が言うには借金の保証人になってほしいとのことでした。テレビ等で保証人になるリスク等をみていたので、最初は断っていました。ですが、開業したら一緒に事業を展開していくという熱意に負けて、保証人になってしまったのです。当時の収入状況は、20年近く勤務していたこともあり月40万円ほどはもらっていたと思います。

三菱東京UFJ銀行から300万円、みずほ銀行から500万円、アコムから50万円。月々10万円の返済

開業資金ということもあって、銀行から借りることが必要でした。友人がすべて手続きを済ませてくれて、私は保証人の箇所に名前を書いて印鑑を押すだけでした。そして、開業に向けて準備している友人に電話をかけたところ、電話番号がかわっており、全ての連絡手段が途絶えてしまいました。二ヶ月ほど音信不通が続いた中で、銀行から電話がかかってきました。支払いが済んでいないため、保証人の人が支払う必要があるとのことでした。そのときは、友人が事業で忙しく暇もないのかと思って支払っていましたが、返済のことが頭に残り毎日が憂鬱でした。

特定調停で友人と裁判!最終的には全て肩代わりさせました!

どう考えてもおかしな状況でしたので、弁護士に相談し然るべき処置をしてもらうことにしました。。すると、特定調停を開いて友人と裁判する流れになりました。初めての経験でしたが、事が進み友人は海外でバカンスを楽しんでいる最中でした。裁判に出頭させ、現在の状況を話し開業資金ではなく、自分の娯楽費に借金をしたということを認めました。また、はじめから支払い意思がなく借金をしたということが発覚し、私が2年3ヶ月支払った総額300万円と残りの借金550万円を全て友人が支払うという形で話はまとまりました。

借金返済地獄から一気に解放!毎日が明るくなりました

特定調停を行ってよかったと思うことは、無駄に借金返済をしなくてもよくなったということでしょう。最初は、事業で忙しいことや、うまくいっていないと思い保証人である私が支払っていましたが、特定調停をしたら友人が海外にいてバカンスを楽しんでいました。これは、特定調停をしないとわからなかったことですし、私が借金を支払う義務すらないことがわかりました。それだけでもかなりメリットだと思いますね。後は、収支管理ができるようになったこともメリットですね。特定調停の際に、いくら返済したのかを計算することがありましたが、それまでは口座引き落としでしたので、総額でいくら支払っているかわかりませんでした。しかし、特定調停をきっかけに、自分の収支管理をするようになったので、違う意味でのメリットが見いだせましたね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

みずほ銀行の債務整理体験談

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円

相続放棄の期間が過ぎて債務整理に追い込まれました

借入額4600万円

債権譲渡通知書が会社に届くと恥ずかしい思いをします

借入額1300万円

事業に失敗し多額の借金が!個人再生で一気に復活!

借入額300万円

独立開業した事業が失敗!多額の借金を抱えて借金地獄に。

借入額400万円

ガンの告知は相続問題が発生する時には重要です

借入額3000万円