浪費は自分では気づきませんでした

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年9ヶ月
毎月の返済額
6万円

転勤を機に独り暮らしを始めたものの生活が苦しくなり借金。

勤務先へ入社してから5年間は実家から通勤していたので、家に納めるお金以外は自由に使えていました。しかし、転勤に伴い通勤が不可能になったので、独り暮らしを始めることになりましたが、実家ぐらしが長い人にありがちな浪費癖があることをまだ認識していなかったのです。実際に浪費癖を自覚したのは、交際相手が出来た時でした。職場の同僚でありながら、貯蓄額が大きく異なっており、自分は借金200万円に対して交際相手は貯蓄が300万円あったのです。この時点で愛想つかされてもおかしくありませんでしたが、浪費癖を治す手伝いをしてもらえました。

セディナ、レイクから各100万円の借金。月々6万円の返済。

今まで家計簿を付けていなかったので、まずは家計簿を付ける所から始めることになり、休日を利用して過去3ヶ月分を確認すると驚きの光景が広がっていました。交際相手の家計簿と比較して、極端に食費と被服費が高く2倍の開きがあったわけです。最低限暮らして行く上で必要な被服費は、冠婚葬祭などの特別な場合を除いて限られているので、派手な生活を止めれば改善可能でした。食費は自炊で半減出来ることも初めて知ったのです。完済するまで交際を続けて、その後結婚したことで今では夫婦として節約生活を楽しむに至りました。

過払い金を最低限のコストで返還請求して、全額回収出来ました。

交際相手の協力もあり、何とか借金を完済出来たので、次は結婚資金の準備をすることになりました。テレビCMを見ていて過払い金がある可能性に気がついたので、セディナとレイクに全取引履歴開示を請求すると送られてきた書類は分かりにくいものでした。過払い金請求を行なうためには、司法書士や弁護士費用が高くつくので何とか安く出来ないかと考えた上で、司法書士に金利引き直し計算と提訴書類作成を依頼して、本人訴訟を行なうことにしたのです。2社が相手だったので、10万円掛かりましたが、過払い金が83万円戻ってきたので十分でした。

過払い金の回収を行なえたことで、結婚資金に出来ました。

借金がある状態では結婚出来なかったので、完済を達成した後に過払い金の回収を行いました。結婚資金をある程度貯めてから、結婚しようと互いに決めていたので、過払い金が全額戻ってきたことは結婚を早める結果に繋がって良かったです。配偶者が過去の自分の過ちや浪費癖を全て知った上で結婚しているので、今では家計簿管理は夫婦で共同管理をすることにしています。次の目標は住宅の取得と決めているので、頭金を貯めることに専念している状態です。過払い金は、自分のお金ですからなるべく全額回収出来る方法を採用すると良いでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

レイクの債務整理体験談

多重債務を債務整理で解消してより良い返済を実現

借入額120万円

ボーナス払いはアテにしてはならない

借入額320万円

ギャンブルで大負けしてしまい、生活費を借りた。

借入額150万円

失っていた信頼を取り戻せました。

借入額200万円

借金を始めたきっかけはギャンブルでした

借入額130万円

人生をやり直す事が出来ました

借入額250万円