両親を助けるために借金をしました

2017.11.29 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
7年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

両親が経営している飲食店が廃業したため援助するために借金。

両親は飲食店をしていたのですが、経営が悪化して資金繰りに困り、多重債務を抱えていました。そして一人暮らしをしていた私のところに父親がお金を借りにきました。私は営業職の会社員をしており、月収25万円程でした。少しの貯金があったのでそれを渡しました。数日後、またお金を借りに来ましたが、自分の生活分のお金しかないと言ったところ、「サラ金からお金を借りてきて欲しい。」と言われました。両親のために断ることもできず、消費者金融にお金を借りに行ったのです。消費者金融に行くのは恥ずかしいことでしたし、お店の中に入るのに、知り合いに見られないかびくびくしていました。2業者から合計100万円の借金をして両親に渡しました。

アプラス、フクホー、プロミス、アコムから各合計300万円の借金。

即日に借りれましたし、親にお金を渡すと安堵した表情だったので、これで良かったのかなと思いました。親にお金を貸したといっても、育ててもらって大学まで行けたので、返して欲しいとは言いませんでした。ですが、毎月の返済がこんなに大変だとは思わず、毎月の半分以上が利息だということに、いつ借金が返せるのだろうと将来に不安を抱えるようになりました。返済に困るとまた消費者金融にお金を借りにいきました。返済してはまた借り入れをしていたら、元金が減るわけもありません。数年後に父親は多重債務により自己破産することになりました。両親に毎月お金を少額ですが援助しながら、借金返済は困難だと思い、専門家の先生に相談しにいくことにしました。

300万円が85万円程に減額しました。

誰にも言えなかった悩みを誰かに話すのが億劫になっていましたが、勇気を出して法律事務所に訪問しました。事務所のみなさんが親切にしてくださったので、気楽に相談できました。私が思っていた、法律事務所は敷居が高いとイメージは全くありませんでした。親身になって聞いてくれて、アドバイスしてくれたことが嬉しかったです。そして任意整理をしたら、「借金を減額できて、無理のない返済額で借金が完済できます。」と言われました。思い切って任意整理に踏み切ることにしました。弁護士さんにお任せした結果、総額300万円の借金が85万円まで減りました。

勇気を出して相談したことが、借金問題の解決へと進みました。

債務整理をしたら、こんなにも借金が減額するなんて思いもしませんでした。毎月の返済額は3万円程になり、無理のない返済額で完済できたのです。私の場合は、法定外の利息で支払っていたために、過払いがあったそうです。それと、将来利息のカットもしてもらえました。弁護士さんが手続きと交渉をしてくれたことで、約3年程で全ての借金を完済できました。本当に感謝していて、法律事務所に訪問して良かったと思っています。債務整理をしたら、少しずつ貯金ができるようになり、やり繰りできるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

プロミスの債務整理体験談

取引のなくなっていたところから過払い金を取り戻せました。

借入額120万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

苦労した債務整理体験談

借入額250万円

誰にも言えない借金を綺麗に完済出来ました

借入額90万円

友達から名前を貸して欲しい、迷惑はかけないと頼まれたのがきっかけでした。

借入額350万円

ぼったくり風俗に引っかかってしまい、借金をしてしまいそのままずるずると借金地獄に。

借入額350万円