生活の切り替えができずに借金を負うことになりました

2019.03.12 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年4か月
毎月の返済額
8万円

転職後に収入が下がったにも関わらず、生活を変えられず借金をしてしまいました。

勤め先が倒産して、なかなか転職が上手くいかず、その間に失業保険を使い切り、わずかな貯金も切り崩して生活をしていました。しかしこれまでの職場と同様の収入は得られず、レベルを下げてやっと決まりましたが、手取りが半分ほどになってしまいました。これまで独身貴族で優雅に生活してきて、下がった収入に合わせる生活がなかなかできず、家賃も高額で支払いに困るようになりました。そこで足りない分を安易にリボ払いやキャッシングで作り出して、対処してきました。ただ返済がきつく、ジレンマに陥るようになりました。

エポスカード50万円、セゾンカード50万円、三井住友100万円、月々の返済8万円

会社の倒産からはじまり、なんとか転職できましたが手取りが半分ほどになってしまい生活に不自由することになりました。今から考えればマンションを引き払えば良かったのですが、生活レベルを落とすのが惨めでできませんでした。また友人たちとの交友関係も見栄を張ってしまい、そのたびにキャッシングに頼るようになり、瞬く間に借金が膨れ上がって返済が不能に近くなってしまいました。自分でも生活レベルを引き下げるべきだと分かっていても実行できず、ジレンマに苦しみながら、その間も借金が増えていきました。

自己破産で人生をやり直すチャンスを与えてもらいました

支払いが不能となって、督促を無視したまま4か月ほど経って、実家の方に連絡がいったらしく現実を直視いけなくなりました。利息分でかなり借金が膨れ上がっていて、マンションの家賃も滞納して、手が出せない状態になっていました。そこで弁護士さんに相談して債務整理を行ってもらい、自己破産を選びました。自分の中で妙なプライドが残っていて、こうでもしないと新たにやり直せない、人生を築けないと思い決断しました。すべてをなくすことによって人生の再チャンスを得て、借金と一緒に今までの自分とも別れました。

人生の再出発ができるようになりました

自己破産をきっかけにこれまでの自分と強制的に別れるようにして、これまでの自分の在り方を改めて直視して反省できるようになりました。収入は下がったといっても以前が多すぎて、贅沢をしなければ十分に暮らしていけたはずです。しかし過去の栄光、友人や周囲に対する見栄を捨て去ることができずに、借金をしてくだらないプライドを保っていました。その結果として自己破産に陥ってしまいましたが、以外にも悔恨は少なく、憑き物が落ちたような気持です。これをチャンスと思って、新しい自分に生まれ変わって人生の再出発ができるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

三井住友銀行の債務整理体験談

浮気が原因のイタい代償

借入額280万円

早めの相談が借金解決への第一歩です

借入額152万円

付き合う友達は選ぶ必要がある

借入額210万円

理想の結婚式を行うためのブライダルローンから借金が増えていきました

借入額300万円

知り合った女性に好意を持たれたくて貢ぎ、借金地獄に。

借入額260万円

自分のギャンブルや酒の浪費のために借金をするように

借入額180万円