相談することの大切さ知りました。

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
5年以上
毎月の返済額
3万円から5万円

離婚した時に、引越費用などでほぼ貯金を使い果たしてしまいました。パートの収入では、生活が厳しいことは分かっていたので、すぐに児童扶養手当などの手続きはしましたが、数か月はパートの収入だけで生活をしなければならず、結局、生活費が足りなりました。親に相談することも考えましたが、すぐに返済できると安易に考えてしまい10万ほどの借金をしました。その最初の借金で、すぐにお金を借りてしまう癖がついてしまい、少額の借金をくり返すようになってしまい、気がついた時には借金の総額は100万円を超えていました。

アコム50万、モビット30万、セゾンカードのショッピングリボ払いが40万。月3万から5万の返済。

滞納はしていませんでしたが、返済額と同じ金額をまた借り入れるということをくり返していました。返済を忘れ何度か催促の電話がかかってきたことがあります。借金の滞納はありませんでしたが、学校の給食費などは滞納をくり返していました。借金の返済はしていましたが、一向に借金が減ることもなく徐々に増えていくことにストレスを感じていました。子どもに辛い思いをさせているのに、子どもに当たってしまったり子どもを守らないと思いながら、逆に傷つけてしまっている状況でした。現実逃避からお酒を飲む量が増えてしまいました。

自己破産をし、免責になりました。

うつ病を発症してしまい、退職を余技なくされたので、自己破産という選択をしました。その後は、依頼した弁護士料で月々5000円ほどの支払いがありました。ですが借金がなくなったことで気持ちが楽になったのか、鬱の症状は少し軽減しました。退職をきっかけに実家に戻ることになったので、生活費の心配をすることもなくなりましたが、弁護士への分割の支払いを両親に怪しまれた時期がありました。あと半年ほど無職だったので弁護士への支払いの費用を親に借りて支払ったこともあり、完全に借金から解放されたとは言えなかったかもしれません。

借金を返済してもまた借り入れて、返済しているのに逆に徐々に借金が増えていく恐怖から解放されました。

自己破産という選択は現在でも罪悪感が残っています。自分が社会人として失格だと言われているような気持になる時があります。ですが、これ以上、借金はできない状況になったことで自分自身の甘さを知りました。おかげで生活費を見直すきっかけにもつながりました。何かあった時のためにと少しづつですが、貯金も増えてきています。現在は再婚し安定した生活を送れていますが、やっぱり自己破産をしたことを今の主人に話すことが出来ていないためにバレたらどうしようという気持ちもありますが、少し大きな買い物(家電の買い替えなど)でも、計画的に考えることが出来るようになったため、主人からは信頼してもらっています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

三井住友カードの債務整理体験談

利用可能枠は貯蓄とは異なります

借入額230万円

クレジットカードのリボ払いは金銭感覚が麻痺します

借入額250万円

債務整理してスッキリした話

借入額2000万円さらに友人の借り入れの連帯保証が5000万円

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円