弟の学費を援助するために借金

2019.03.15 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
8年5ヶ月
毎月の返済額
9万5千円

弟の大学費用のために借金をしました。

父子家庭で育った私は、学校も大学まで卒業できましたし、お金に困ることもありませんでした。大学を卒業して就職をし、観光地のホテルに就職をして一人暮らしをしていました。月収は17万円と低かったですがやりがいのある仕事で満足していました。ある時、お盆に実家に帰ると、父親の会社が不景気で収入が大きく減り、借金もしていて家計が大変だと知らされました。そして、弟の大学の費用が足りないので困っているということでした。弟が遊ぶ暇なく勉強漬けだったのを知っていますし、なんとかしたいと貯金を渡しました。それでも足りないので、消費者金融で借金をしました。

アコム、プロミス、ノーローンから各50万円の借金。

毎月借金の返済と実家への仕送り、自分の生活費や光熱費などで、お給料が入ってもすぐにお金がなくなりました。借金をしてから何年も経ってくると、始めは弟のためにと思っていましたが、私の生活は苦しくなるばかりで、明るかった性格もだんだんと暗くなっていきました。お金がないので、友人とも遊んだり息抜きをすることもできませんでした。仕事の休憩時間の時に、休み明けにみんなが旅行に行ったり、出かけてきた土産話を聞くのがうらやましく、そして自分に話を振られるのが苦痛でした。将来にも不安を感じるようになり、自暴自棄になっていきました。

任意整理をしてもらったおかげで債務が激減しました。

ある時、本屋さんで借金に関する本を読みました。借金の整理方法が色々書かれていました。自己破産はしかくないし、任意整理と特定調停が私にあてはまるのではないかと思いました。どうにか借金問題を解決したいと思うようになり、法律事務所に足を運びました。弁護士さんは、親身になって私の話を聞いてくれました。任意整理をすすめられて、手続きを開始してもらいました。そしたら、利息の引き戻し計算での元金と将来利息のカットにより、240万円の借金が10万円程まで減りました。一括で返済できました。

自分の生活を取り戻すことができ、明るくなりました。

債務整理に踏み切っていなかったら、何十年も借金続いていただかも知れません。相談をして、任意整理の手続きをしてたった3ヶ月で借金がなくなったんです。任意整理の手続きを開始したら、支払いが一旦止まりましたし、精神的に落ち着けました。迅速な対応をしてくれた弁護士さんに感謝しています。本当に嬉しくて気持ちが上がりました。借金がなくなったので、無理のない程度に、旅行や買い物ができて生活が楽しくなり、明るく生きられるようになりました。気持ちも暗くなり将来が見えなくなるような借金は、もう二度としません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

プロミスの債務整理体験談

低所得で月20万円しかない給料でしたが、彼女に見栄を張るために借金をしました。

借入額80万円

借金をなくせました。

借入額100万円

少し罪悪感が和らぎました。

借入額220万円

内緒の投資が借金の原因に

借入額200万円

任意整理で借金返済に成功しました

借入額160万円

会社の人に奢ってもらうのを辞める為、借金。

借入額200万円