友達の借金を肩代わり!予想以上に多く借金地獄へ

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
30万円
借入期間
1年2ヶ月
毎月の返済額
20万円

借金を抱えている友人を助けるために借金を肩代わりしました。

友人から一本の電話があり、借金を肩代わりしてほしいという電話でした。状況がつかめなかったので、話をしてみると数十万円の借金があるため、一時的に保証人になってほしいとのことでした。しかし、一時的とはいえ友人には支払うことができる伝がなかったので、しばらくは私に払ってほしいということでした。前に友人に助けられたということもあって、二の返事で肩代わりすることになりました。いざ、借金の残額を見てみると数十万円ではなく、200万円の借金があることがわかりました。それが発覚した後は後の祭りで、友人との連絡は途絶えました。

三菱UFJニコスから30万円の借金。月々20万円の返済

友人は、複数の消費者金融から借金を行っていました。アコムやレイク等から借りており、その明細書が私の自宅に届くようになりました。幸い一人暮らしだったので家族にばれることはありませんでしたが、最初は数十万円と聞いていたので明細書が届いた時はさすがに驚きました。私自身も、友人の借金を支払うことで頭がいっぱいで、支払うあまり生活ができなくなってしまいました。そして、私も借金をするようになり、30万円ほど三菱東京UFJ銀行から借用していたのです。友人の借金は、月々返済していましたが、借金のことを考える生活に嫌気がさしていました。

特定調停で友人と裁判!全額肩代わりし借金はゼロに!

当時は数十万円と聞いていましたが、数百万円の借金が降り掛かってきました。それでいて、友人とは音信不通になってしまい、以前お世話になったとはいえさすがに怒りを覚えました。弁護士と一緒に話していると、特定調停の手続きを進めてくれるとのことで、特定調停をすることになりました。特定調停では、友人を出頭させ口頭弁論では、肩代わりさせた後に、新たな借金をして同じようなことを別の友人にも行っていたそうです。友人に反省の弁がないということもあり、私が返済した160万円の返金と私がその間にした30万円の借金の返金をする形で今回は終了しました。

3日の特定調停で借金地獄から解放されました。

特定調停のメリットは、様々な手段を使って借金を減らすことができるということでしょう。友人と連絡が取れなかったので、正直借金を今後も支払っていかなければならないと思っていました。しかし、特定調停を行っただけで全額借金がなくなったことを考えると、かなり生活が楽になりましたね。また、特定調停を行ってからは、借金の保証人になったり肩代わりの話を持ちかけられても相手にしないことにしました。というのも、特定調停は時間がかかりますし、その都度開いていたら話にならないからです。それに気づくことができただけでも、かなりのメリットだと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

バンクイックの債務整理体験談

借金してまで株式投資をするのは間違い

借入額400万円

ペットが病気になり治療費を得るため借金をしました

借入額180万円

電話の着信音の恐怖が無くなりました

借入額300万円

姉の借金を肩代わりすることになり借金まみれに

借入額360万円

借金返済は続きます。

借入額110万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円