債務整理してスッキリした話

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
2000万円さらに友人の借り入れの連帯保証が5000万円
借入期間
7年6ヶ月
毎月の返済額
30万円

自分で起業した会社の資金繰りが一時的に足りずに銀行に相談したところ銀行が融資してくれたことが最初の借金です。この借金はあくまでも会社の借金でしたが、当然ながら代表である私も連帯保証人となりました。個人的には当時は借り入れもなく会社からの給与を毎月50万円支払えていた状況で健全な状態でした。ただ、子供が多く養育費や教育資金にかかるので余裕があるほどではなく貯蓄はほとんどない状態でした。またこの借金をする前に友人の借金、それも事業運転資金5000万円の連帯保証人になっていました。

これは会社の返済ですが、信用金庫から1800万円借り入れ毎月30万円ほどの返済をしていました。

信用金庫への返済を滞納してから返済の請求が代位弁済先の信用保証協会に変わりました。信用金庫とは取引が停止となり口座もなくなりました。信用保証協会は自宅にも訪問してきて一括請求を求め、せめて毎月の返済をするよう勧告しました。しかしながら会社は閉店営業状態で売上はほとんどなく返済に回せる資金はないので返済はほとんどせず5年以上滞納を続けました。その間、年金や健康保険料なども支払えず、さらには法人税や個人の税金の請求もありましたが、こちらも滞納したまま支払うことができませんでした。生活も困窮し離婚して家族は離散することになりました。

法律の専門家に相談することにより、正しい判断ができました。連帯保証も含め債務がなくなりました。

自己破産を行った結果、会社の借金そして個人の借金さらには友人の連帯保証の借金すべてがなくなりました。私の場合は会社の自己破産も含むため管財人が必要となり費用も時間もそれなりにかかりましたが、とても事務的にスムーズに作業が流れ望んだ結果を得ることができました。その間の弁護士との連絡はメールや電話そしてファックスが主で事務所に足を運んだのは10回もありませんでした。最終的に費用は会社と個人の自己破産費用が75万円程度かかりました。時間は7ヶ月ほどで免責の許可が決定しました。

過去にとらわれず、心機一転やり直す気持ちがより一層湧きました。

前に進もうと思っても過去の債務にまつわる取引先や人間関係などがあって、なかなか進めにくかったことが債務整理したことによって精神的にも吹っ切れて一歩前に進むことができました。債務整理をすることにより過去のお金の出し入れを思い出させられました。仕入れの金額や経費の使いすぎなど当時の経営のダメだったところが見えてきたり、今の自分だったらもっと経理を改善できるなどと過去の出納から将来の経営のヒントをもらうことができました。過去を見つめ直した後に過去をキレイに断ち切ることで前方が明るくなったのは最大のメリットです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

三井住友銀行の債務整理体験談

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

自営業者の債務整理は覚悟次第です

借入額500万円

個人再生で先祖代々の土地を守れました。

借入額300万円

妻の求めを断れず借金をつくりました

借入額200万円

付き合う友達は選ぶ必要がある

借入額210万円

夢のスポーツバーを開店!客足伸びず膨らむ借金

借入額400万円