過払い金を全額回収するためには裁判が必要でした

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
12年5ヶ月
毎月の返済額
8万円

副業を行なう際の資金確保のために借金。

会社員として勤務を行っている中で、残業の削減や休日出勤禁止など年々規制が厳しくなってきました。基本給の上昇幅が少なく残業規制が入ると、実質的には若い頃よりも手取りが減るという残念な現象に見舞われていました。仕方なく副業を開始することにしましたが、定時で帰宅した後や休日を利用して出来る副業には限りがあるので、ドロップシッピングを立ち上げることにしました。最初は小遣い稼ぎ程度から初めて、慣れたら手を広げれば良いと考えたのです。実際には小遣い稼ぎ程度なら何とかなりますが、業務として毎月の収益の柱とするためには困難が伴いました。

アコムから200万円の借金。月々8万円の返済。

ドロップシッピングを運用する際には、リスティング広告を使うことになりました。各種サテライトサイトを作成するだけでなく、手軽にリスティング広告で集客を行なうことは、さほど難しくはありませんが広告費が掛かりました。最初の2年ほどは、費用対効果がほとんど出ていなかったので、借金が増えることになりました。しかし、3年目からはバラつきが出るものの、ある程度の効果が出ていたので毎月黒字で運営していました。動きがあったのは5年目のことで、突然リスティング広告単価が跳ね上がって広告費が3倍に膨れ上がり、ドロップシッピングを行っている場合ではなくなりました。

過払い金を全額取り戻すためには、和解ではなく提訴が必要だったのです。

アコムからの借入と返済を何度も繰り返した結果、最終的には4回の完済を終えて完全に取引が無くなりました。過払い金の存在を知ったキッカケとして、完済前に送られてきた返済不要の案内が記された文章です。不審に思って弁護士に相談すると、過払い金の返還を求められないようにするための小細工でした。完済後に弁護士に依頼して、不当利得返還請求訴訟を提起することにしましたが、判決まで持って行くことを前提としていました。和解条件として7割程度を求めてくることで有名だったのです。全額回収と法定利息まで取るつもりで臨んでいたので、判決を取得して回収できる過払い金は全て手にした結果、弁護士からは112万円が振り込まれました。

過払い金を実際に手に出来たことで、思わぬ貯蓄が増えました。

アコムからの過払い金請求は、7割程度の回収ならば自分で行なう人もいます。しかし、司法書士に依頼しても回収率7割は変わらないので、全額回収を狙うなら弁護士に依頼して、不当利得返還請求訴訟提起が必要になります。訴訟が提起されると、第一回公判までの間に全額返金の和解提案が届くことになります。法定利息までしっかり受け取れるならば、考えても良いでしょう。和解案では金融会社の都合良く交渉内容が変えられてしまうことが珍しくありません。過払い金は自分の財布に入っているお金だと考えて、諦めずに全額回収に務めることが良いと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

アコムの債務整理体験談

ギャンブルにはまりすぎ、借金までしてやりつくしていつの間にか多重債務者に

借入額150万円

ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

借入額305万円

夫への密かな憂さ晴らし

借入額230万円

任意整理で返済額が減り、完済後も計画的にお金を使っています

借入額500万円

軽い気持ちで借りてしまうと借金の意識が無くなります

借入額210万円

ペットの命を守るために借金をしました

借入額110万円