債務整理をして得ることが出来た平穏

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年9か月
毎月の返済額
15万円

交際していた男性が困っていたので、助けたいと思い借金。

地元の食品会社で正社員で事務員をしていました。月給は手取りで12~13万円。交際していた男性の身内が亡くなり、現金が必要だったため好きな人を助けたい一心で軽い気持ちで借金をはじめました。その後、その男性はうつになり勤めていた会社を辞め、次の職につくまでの間に男性を支えるために更に借金を重ね、いつしか借金の総額は400万円にもなりました。こうなると正社員の自分の給料だけでは足りずに、夜は隣町でアルバイトをすることでやっと返済できるようになりました。が、それでも足りない時があり、返しては借り、借りては返しといった自転車操業状態になってしまいました。

プロミス、モビットから各5万円の借金。月々4万円の返済

返済をするために、夜にアルバイトを始めたので体は常に疲れ切っていて、何をするにも余裕はなくなり、いつになればこの借金地獄から抜け出せるのかわからない日々が続き、夜もまともに眠れない日々でした。日常的に無理をしている状態なので、体調を崩しとうとう仕事を休まなくてはならなくなりました。返済が滞ってしまい、自宅に借金取りがやってくるようになりました。それまでは家族には知られていませんでしたが、とうとう家族も知るところとなり、毎日のように借金のことを攻められ続け、家庭環境も悪化してしまいました。

インターネットで債務整理の事を知り、相談に行きました。客観的な意見を述べてくれ、解り易かったです。

借金の金額の大きさや、将来、結婚や出産をし自分の収入が無くなった時のことを考慮して自己破産を選択しました。裁判所で自己破産の知らせを受けた時は、嬉しいというよりも安心感の方が大きかったです。毎月ダブルワークをしてやっと返済できていましたが、毎月の収入のほとんどを返済に充てる必要がなくなったので、まずは夜のアルバイトを辞めることにしました。しっかりと休息を取ることで、正規の仕事により一層打ち込めるようになり、精神的にも余裕が出てきました。自分の収入に見合った生活を起こることが出来ました。他にも、わずかですが毎月貯金も始めました。

自分の身の丈にあった暮らしをしていくということが幸せだと、感じられるようになりました。

借金のことは家族には知られてしまいましたが、債務整理については家族に知られることなく手続きを進めることが出来ました。必要な書類をそろえるのは大変でしたが、借金で首が回らない生活が続くことに比べると大したことはないとさえ思えていました。また、収支を見直すきっかけにもなりましたし、好きな異性が欲しいというままに与え続けていたので、借金地獄に陥ったことを反省し、それだけではなく、異性関係についても見直すいいきっかけにもなりました。与え続けるだけが愛情ではないということも、同時に学べたと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

楽天カードの債務整理体験談

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円

キャッチセールのローンで借金をしてしまいました

借入額180万円

家のローンに追われて生活費をのためにキャッシングをしました

借入額150万円

自己破産のデメリットはあまりない

借入額170万円

デート代が足りずに気軽に借りている内に借金地獄に。収入は月30万円ほどの一般サラリーマンでした。

借入額200万

一度ならず、二度もこんなことになるなんて

借入額250万円