病気により入院費と治療費がかかり借金をするようになりました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
340万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
12万円

派遣社員で病気をしてしまい借金をしてしまいました。

短大卒業後に不動産会社で派遣社員として事務の仕事をしていました。月収21万円で残業もあり、生活するのに不憫はありませんでした。ところがある時、体調が悪くなり病気になりました。一週間ほど入院したので、入院費や治療費のために、消費者金融に借金をするようになりました。当然、休んだ分はお給料は次の月に入りませんから、生活費にも困り少額で少しずつ借り入れをしていきました。そして雪だるま式に増えていき、返済に困ると違う消費者金融にお金を借りに契約に行きました。それから借金地獄から抜け出せなくなったのです。

アコム、プロミス、アイフル、ノーローン、レイクから合計340万円の借金

体調は戻ってきてフルタイムで働けるようになりましたが、お給料が入ってもすぐ返済や生活費の支払いで消えていきました。支払日に返済が遅れることもあり、お金を工面するのに必死でした。督促の電話にノイローゼになりそうになることも多々ありました。そして借金生活も6年を迎えることろ、精神的にも追い込まれるようになり、体調が優れないで仕事を休みがちになりました。休むことで来月の支払いができないというプレッシャーが圧し掛かり、限界を感じるようになりました。そして丁度役所に行ったときに、無料の法律相談会をやっているのを見かけたので、相談することにしたのです。

自己破産で辛い日々から抜け出せました。

話やすい弁護士さんだったので、恥ずかしさもなく全ての現状を話すことができました。そしたら、自己破産をすすめられました。「自己破産をして心と体を健康にして新しいスタートを目指しましょう。」と背中を押してくれました。そして、自己破産の手続きを依頼しました。3ヵ月後に裁判所から免責が無事におりました。借金が0になった瞬間でした。自己破産の手続きをしている時は、落ち込むこともありましたが、弁護士さんの励ましを思い出して勇気付けられました。体調を直してやり直したいという思いが強くなりました。

体調も元に戻り、新しい職場で再スタートができました。

借金で苦しんで生活するより、債務整理をして借金を整理したら、物事を前向きに考えられるようになりました。毎月の返済もなくなり、体調管理やお金の管理もちゃんとできるようになり、健康や生活にも余裕が生まれました。そしてハローワークから面接して、新しい職場で正社員として働くことになったんです。生まれ変わった気持ちで再スタートすることができました。弁護士さんには、感謝の気持ちでいっぱいだったので、後日お礼に行くと、私の顔色がよくて笑顔になっていたことに喜んでくださいました。本当にありがとうございました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

レイクの債務整理体験談

リスクのない借金解決なら過払い金請求

借入額230万円

父親の借金を相続しました。

借入額450万円

きっかけはブランドものの財布。消費者金融でのキャッシングで、分割払いで購入する感覚で借入してしまった。

借入額約130万

キャバクラにはまってしまい、借金地獄に。

借入額280万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円

個人再生を続けて2回行なうことに

借入額400万円