過払いで引っ越しができました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
18年2か月
毎月の返済額
8万円

兄の連帯保証人として返済のため借金しました。

兄が事業を立ち上げるときに、連帯保証人となりました。その後、兄の事業が思うようにいかなくなり、自己破産したことによって私のほうに借金が回ってきたのです。銀行と話し合いの結果、毎月分割で一定額を返すことになったものの、私が事故で入院した時や子供にまとまった費用がかかった時など、どうしても返せないときもありました。そのような時にすぐに融資を受けられるサラ金から借金をして、急場をしのいでいたのがたまりたまった結果、保証をしていた借り入れは完済できたもののサラ金の借金が未だ残っています。

CFJ、三菱UFJニコス、プロミス、レイクから250万円の借金。月々8万円の返済

CFJ、三菱UFJニコス、プロミス、レイクからそれぞれ50~60万円くらい借り入れをしていて、すでに20年近く返済を続けています。保証債務の支払いがあったころには、妻もフルタイムに残業までして家計を支えてくれましたが、今は何とか返済はできるものの、これから子供が結婚するときのことを考えるとある程度蓄えもほしいと思うようになりました。また、返済のためにかなり古いアパートで生活していましたが、この度取り壊されるようになり、借金を一度清算したいと考えて知り合いの司法書士に相談しました。

過払い金で蓄えと引っ越し費用が一度に用意できました。

引き直し計算をしてもらった結果、借金はすでに全額払っており、払い過ぎの過払い金が200万円近くありました。これくらいの額になると任意整理よりも素養のほうが良いらしいですが、司法書士が代理できる範囲を超えているため、訴状だけ作ってもらい、私が裁判所に行くといった方法で過払い金請求をしました。時間はかかったものの9割近い過払い金を取り戻すことができて驚いています。司法書士への報酬を支払っても150万円以上残り、これで引っ越し先の費用を工面して、残ったものは貯蓄する予定です。

以前よりもゆとりのある生活ができます。

借金がなくなったことで、今までよりも多少ぜいたくな暮らしができるようになりました。アパートも防犯性や広さ、築年数などどれも前のものよりもランクが上がっていますし、食費や服飾費などの生活面でかけられる費用も多少上乗せしています。それでも今までの支払い分には到底達しておらず、毎月5万円くらいは積立ができるようになりました。過払い金の蓄えもあり、気持ちにゆとりが出てきたため、夫婦でこれまでの人生を取り戻すべく、習い事を始めています。思い切って手続きを依頼して本当に良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

総量規制により自己破産を選びました

借入額360万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円

私を救ってくれた債務整理体験談

借入額120万円

任意整理は相手のペースに巻き込まれない弁護士に依頼する

借入額200万円

計画的な返済を意識するようになりました。

借入額200万円