過払い金の返還請求をするとグループ会社のクレジットカードが利用停止になる

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
7年11ヶ月
毎月の返済額
8万円

系列の会社で働いていたので、OMCカードを強制的に作らされて借金。

アパレル業界にいたので、系列のOMCカードを作らなければならず、定期的に買い物をする必要に迫られていました。最初はクレジットカードに抵抗がありましたが、ポイント還元率が良いので同じ金額の買い物ならば、クレジットカードを利用するようになりました。しかし、毎月の支払額が増えてくると、キャッシング機能や消費者金融の方が使い勝手が良いことが分かったのです。転職を機に、クレジットカード会社の縛りは無く鳴りましたが、次第に利用する金額が増えていったことを覚えています。利用可能枠を預金と勘違いしたような使い方をしたことが失敗でした。

OMCカード、セントラルファイナンス、クオークから各60万円の借金。月々8万円の返済。

転職後にクレジットカードや消費者金融の利用が増えましたが、ボーナス支給額が減ったことで倹約生活に切り替えることにしました。会社の将来性に対する不安が頭をよぎったことで、借金をしている場合ではないと気が付いたのです。家計バランスを考えて、転居を行い家賃が抑えられる物件にしました。家賃が月2万円安いだけで差が大きいことを知りました。何とか5年かけて全額返済出来たのは、自制心を取り戻せたからでしょう。もう一度同じペースで返済をしようとしても、恐らく無理だと感じました。1度しか出来ないペースで返済していたので、辛く感じたわけです。

過払い金の返還請求により、全額戻ってきました。

1社あたりの金額はさほど大きくありませんが、過払い金について調査をしようとした段階では、借入先の3社がセディナに統合されていました。しかし、元々は別の会社だったことから、全取引履歴開示請求は時間が掛かり4ヶ月待ちとなった分もありました。最初は自分で手続きしようと考えていましたが、手間が掛かりすぎるので弁護士に任せることにしました。依頼してから4ヶ月待って弁護士費用を差し引いても、合計88万円の過払い金が回収出来ました。全過払い金と法廷利息5%を追加した分が払われた計算となります。

自分のお金を取り戻せたので、勿体無い思いをせずに済みました。

過払い金の返金を求める際には、クレジットカードを作り変える必要の有無について、弁護士から確認されました。自分のお金を返してもらうだけですが、なぜか過払い金を返金請求すると、系列を含めたクレジットカードやローンカードが全て利用停止となることが珍しくありません。過払い金の返金要求をする人は、もはや利用客ではないという判断がされているかと思うと残念です。過払い金の返還請求をすることで、全てのクレジットカードの利用が停止されるわけではなく、あくまでも系列グループのものは注意しておくと良いでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

夫や彼氏の多額の借金 代理で任意整理はできる?

目次夫や彼氏が内緒で借金をしていた!返済の目途は…?多重債務…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

その他の債務整理体験談

過払い金返還請求は知らない人も多い

借入額130万円

払えないと思っていた借金が減りました!

借入額150万円

人に知られずに手続きできました。

借入額130万円

債務整理ですっきり解決

借入額100万円

マイホームで暮らせます。

借入額200万円

任意整理ついての感想

借入額80万円