子供の進学費や生活費のために借金

2019.03.22 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
165万円
借入期間
5年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

2人の子供の進学費や生活費などで家計が苦しくなり消費者金融へ。

主人の会社が経営難になった時に、収入が減ったため、家計を支えるためにスーパーのレジ店員のパートとして働くことになりました。月収で12万円でした。しかしそれでも支えきれなくて、2人の子供の進学費用が払うのにお金に困り、消費者金融にお金を借りました。パートでも借りれるのかなと思っていましたが、スムーズに借りられました。始めは足りない進学費用分だけを借りるつもりが、ちょこちょこと少額ですが、返せると安易な気持ちで借り入れをするようになりました。借金が増えると簡単に返せると思っていたのに、ほとんどが利息の返済にしんどさを感じるようになりました。

アコム、プロミス、アイフルから合計165万円の借金。

返済に困るようになると、別の消費者金融に借り入れをしに行きました。一回目の業者に借り入れの契約を申し込みに行った時は、緊張していたのですが、二回目は慣れてしまい即日にお金が借りれるという喜びもありました。借りれたらスグに返済しに行って、別の業者の返済日に間に合ったことにホッとしました。そういうことを繰り返しているうちに、利息だけを返すだけで精一杯になっていしまいます。いつまでも元本の完済には至りませんでした。先行きが見えず悩むようになりました。これからも子供にお金はかかりますし、借金をなんとかしようと弁護士の先生に相談に行きました。

相談した弁護士の先生にアドバイスももらい、特定調停で借金の減額ができました。

市民センターで無料の法律相談会があり参加しました。無料なのに、親身になって相談を受けてくださいました。特定調停か任意整理をすると借金を減額できますよ、とアドバイスを受けました。任意整理を弁護士の先生に依頼したいのは山々だったのですが、費用がなかったので、特定調停をすることにしました。弁護士の先生は親切に、どこの裁判所に行ったら良いかなど、様々な特定調停に関することを教えてくれました。本当にありがたかったです。特定調停に出廷して、調停委員の方が業者の方と交渉して貰った結果、165万円の借金が過払いもあり90万円までに減りました。月々3万円ほどの支払いで残りの借金を支払うということで完結しました。

相談することで、借金はスムーズに解決していきます。

債務整理をして思ったことは、借金のことを専門家の先生に相談するだけで、アドバイスや教えてくれることも多く、スムーズに問題が解決していくんだと思いました。正直、こんなに債務額が減るとは思わなかったので嬉しかったです。借金の元金と返済額が半分に減ったことで、当然に生活に余裕がでてきました。貯金もできるし、子供の学費や、もしも困った時のためのお金を貯めることもできるのです。専門家の先生の無料の相談は、インターネットサイトで探せばいくらでも見つかりますし、役所でも相談を受付ているところも多いので、一人で悩まずに利用してみると良いと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

プロミスの債務整理体験談

家業の業績不振で多重債務を抱えていた父親を助けるための借金

借入額200万円

キャバクラ通いが原因で多重債務者に

借入額120万円

事業の失敗をリセットしました。

借入額約2000万円

浪費癖がなくならず債務整理した悲惨な体験談

借入額200万円

多重借り入れで困っていたがしっかりと返済の目処が立った

借入額150万円

誰にも言えない借金を綺麗に完済出来ました

借入額90万円