見栄を張ることをやめられなかった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
2年8ヶ月
毎月の返済額
8万円

社会人になって初めて作ったクレジットカードは、現金が無くても何でも買えて夢のような感覚でした。当時はブランド服にもはまっていたので、週末や仕事帰りに好きなショップに寄ってはショッピングをするのが日課でした。自分が着ていたのはシャツ1枚で安いものでも1万円以上で、カードの支払いは分割がほとんどです。アクセサリーにも凝っていたので、カードはすぐ限度額いっぱいになりました。当時はまだ審査も少し緩かった時期で、すぐに別の会社のカードも作り、同じようにショッピングを続けていました。そこから感覚が麻痺していったようです。

セゾンカード、セディナから160万円、他80万円。月々8万円の返済

セゾンカードとセディナからショッピングで160万円ほど、限度額いっぱいまで使いました。返済して少し残金に余裕ができるとまた使うという悪循環で、減らないパターンにはまったんです。当時は一人暮らしをしていましたが、返済金額が家賃を超えてしまい、さすがに怖くなりましたが、一度始めたオシャレが止められませんでした。ショップの前を通ったりセールの案内が来たりすればまた買いたくなってしまいます。光熱費など他の支払いに影響するようになり、カードローンキャッシングにも手を出してしまうと、全部でいくら借りているのか把握できなくなっていました。

過払いと任意整理で解決しました!

入社用に揃えたスーツや靴などの支払いやキャッシングで一旦返済していたものがあり、始めはそれの過払い金請求をしてもらいました。期待するほどの金額は戻ってきませんでしたが、それでも十分でした。光熱費もままならない状況だったので過払い金をそれに充て、それから任意整理に入りました。担当の弁護士は30代の男性の方で理解して下さる部分が多く、話しやすかったのを覚えています。いろいろ親身に対応して頂きました。何より、弁護士を入れることで督促が来なくなるのは安心します。そして、返済が滞った時点での残金がかなりスリムになり、返済額は8万円から4万円まで落とすことができました。

電話にビクビクせず、仕事に専念できるようになりました。

任意整理で済んで良かったと思っています。その後カードはすべてハサミを入れて処分しました。任意整理をしたということもありますが、暫く滞っていたことで一時はブラックリストに載ります。数ヶ月でリストからは外れるため、またカードは作れますが、あれ以来二度とカードは持っていません。返済ができなくなるまで冷静になれなかった自分を今振り返ると、何故あんなことを続けていたのか不思議になります。今は服を購入するにもシーズンごとに必要なものや購入時期を決めるようにしています。そして、余裕がある時に現金で購入することをすべてにおいて心がけています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

セディナの債務整理体験談

自己破産を選ぶと車も処分されます

借入額400万円

人生をやり直す事が出来ました

借入額250万円

子どもの教育に力を入れ過ぎて借金をしてしまいました

借入額160万円

事故のような思わぬ失業生活

借入額300万円

結婚前の失敗で良妻に?

借入額250万円

クレジットカードを使いすぎて払えなくなりました

借入額180万円