過払い金請求は借金に困っている人の心強い味方

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
7年6ヶ月
毎月の返済額
8万円

新興宗教に寄付するため借金をしました。

普通のサラリーマンをしていましたが、仕事もあまりうまくいかずプライベートでもこれといって良いこともなかったため面白みの無い毎日を過ごしていました。何か人生に刺激が欲しいと思いつつも新しいことを始める勇気も時間もありませんでした。ある休日に街を歩いていたら宗教の勧誘の人に声を掛けられました。普段であれば絶対に断っていたのですが、その日はなぜかちょっと話くらいは聞いてみようという気になってしまい喫茶店でお茶をしました。気がつけば言葉巧みに入信させられてしまい、多額の寄付金のために消費者金融から借金をしてしまいました。

アイフルから120万円、モビットから100万円。月々8万円の返済。

新興宗教にお金を寄付するために消費者金融から借金をしましたが、一度お金を寄付してからは次々に寄付や商品の購入の依頼が押し寄せてきました。現状の退屈な毎日をなんとか打破したいと考えていたため、借金をしてからも言われるがままにお金を払っていたため借金は減るどころかどんどん増えていきしだいに生活を圧迫するようになっていました。しかしここで宗教を抜け出してしまったらまた不幸になってしまうかと思うと活動をやめることができなかったため、家賃や光熱費も滞納するようになってしまいました。

過払い金請求をしたら借金の多くが無くなり救われた思いです。

消費者金融から借金までして続けていた宗教活動ですが、寄付やさまざまな商品の購入でさすがに毎日の食べるものにも困ってきたので何とかしないといけないという思いが強くなってきました。わずかにあった貯金もとっくに底を尽いていましたのでまさに無一文の状態でした。ある日たまたま過払い金請求の広告を目にしてもしかしたら少しでもお金が戻ってくるのではないかと期待をしました。早速弁護士事務所に相談の電話をしてみたところ多くのお金を払いすぎていたようで月々の返済が8万円から2万円まで減りました。

生活を立て直すことができ、心が軽くなりました。

過払い金請求をして思ったことは、借金は一人で悩んでいても良い方向には解決しないということです。弁護士の先生に相談するのは勇気が必要でしたが、とても丁寧に対応してくれて専門家ならではのアドバイスもたくさん貰えました。難しい手続きや書類の作成などはすべて弁護士の先生が代行してくれたため安心して任せておくことができ、会社を休んだりする必要もありませんでした。費用の方も成功報酬ということで返ってきた過払い金の中から支払えばよいということだったので、手元にお金が無かった私でもお願いすることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

モビットの債務整理体験談

自己破産をしたことで、生きていくことに希望を見出すことが出来ました

借入額400万

買い物欲求が止められなくて気楽な気持ちで借金をし、その自分の甘さが元で借金地獄へ。

借入額180万円

自営業で資金繰りに困っていた彼氏を助ける為に借金をしましたが、今度は自分が借金で困ることになってしまいました。

借入額180万円

夫婦でギャンブルする為、借金。

借入額250万円

人生観が変わりました

借入額160万円

任意整理で多重債務250万円が50万円に激減しました

借入額250万円