臨時収入になりました

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
17年
毎月の返済額
7万円

大学で独り暮らしを満喫していた時、あまり金銭面での管理ができない状態でした。あるだけ使って不足したら消費者金融から借り入れをするという生活を繰り返し、卒業して社会人になってもそれが続きました。結果、30代の頃には借金は100万円を優に超えており、とても払っていける金額ではなくなりました。学生時代はアルバイトでしたし、社会人になっても最初のうちは給料のほとんどが生活費に消えており、借り入れをしては返済に充てていたため、最終的な借入額は150万円近くまで膨らんでいます。

CFJ、プロミス、武富士、アコムから合計150万円の借金、毎月7万円の返済です。

CFJはもともとディックとアイクから借りていて合計で60万円、プロミスから40万円、武富士から各20万円、アコムから30万円借りていました。収入の3分の一近くを返済に充てていたため、付き合いは悪くなりましたし、食費や水光熱費を切り詰めた結果、体調を崩しやすくなったり営業や接待で話題についていけないなど、公私ともにトラブルも多かったです。当然恋愛もできませんし、学生時代の友人ともなかなか会えずに会社と自宅を行き来するだけの生活になり、毎日が全く楽しくありませんでした。

お金が戻るとは思いませんでした

150万円あった借金が、訴訟を起こした結果、約100万円ほど取り戻すことができました。時間をかけない代わりに過払い額の一部を取り返しただけで終えましたが、弁護士への報酬を支払っても70万円近く自分の手元に戻ってきて、生活の質が向上しました。これまでは毎月7万円ずつ支払っていたものが、支払いがなくなって現金もまとまって入ってきたため、予想以上の効果に大変驚いています。結局70万円はほとんどそのまま貯金して、毎月3万円程度はいざというときのための積み立てに、4万円を生活費にプラスしてゆとりある暮らしになりました。

体調も精神面も負担が軽くなりました。

今までは借金返済のことばかりで自分の体調や人付き合いなどを二の次にしていましたが、現金をある程度持てたことで気持ちにもゆとりが出て、健康状態や営業、友人づきあいなどに気を配れるようになりました。おかげで頻繁に病気になっていたのが嘘のように体が軽くなり、毎日精力的に働いています。気になる異性にも出会えて、友達としてたまに一緒に出掛けられるようにもなりました。お金がない、借金があるという事は、こういった当たり前の幸せまで奪ってしまうものなのだと今更ながらに実感しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

武富士の債務整理体験談

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

長年の苦労が報われました。

借入額300万円

ギャンブルが原因で借金、再起をかけて自己破産を。

借入額400万円

債務整理による借金地獄からの脱却

借入額150万円

やり直す事が出来ました

借入額280万