長年の苦労がなくなりました。

2019.02.06 更新

40代

月収
借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
6年程度
毎月の返済額
5万円

子供の進学に際して借金をしました。

30代で子供が生まれ、私が40代後半に差し掛かったころに大学に進学することになりました。妻が数年前から体調を崩して専業主婦になっており、私の収入だけでは生活費が少なかったため、奨学金を借りて学費をねん出しました。しかし、生活費のことを考えると、地方住まいなので進学するには一人暮らしをせざるを得ず、奨学金だけでは足りません。結局、引っ越し費用や家具及び家電の購入、仕送りの不足分などをサラ金から借り入れる生活が続き、子供が卒業した頃にはかなりの借入額に膨らんでいました。

プロミス、アイフル、アコムから170万円の借金、毎月5万円の返済。

プロミス、アイフル、アコムからそれぞれ50~60万円ほどの借金があり、滞納はしていないものの毎月の生活はぎりぎりでした。妻も返済のために体に負担をかけて仕事を再開しましたし、子供も大学に通いながらアルバイトを詰め込み、余裕のない状態が何年も続いていました。ようやく子供が卒業して一安心したものの、今度は結婚話が持ち上がり、できるだけ手助けをしたいと思い、借金をまずは片づけて将来に負の遺産を残さないようにしようと思い立ちました。これが債務整理をするに至ったきっかけです。

自己破産で借金を免除してもらいました。

自己破産をした結果、今まで月5万円支払っていた返済を免除され、借金はすべてなくなりました。弁護士には書類作成料として30万円ほど支払いが発生しましたが、月1万円ずつの返済でよいといわれたので地道に支払っています。月4万円の負担がなくなっただけでなく、借金が消えたということで、長年精神的に負担のあった原因が取り除かれました。妻は体調を考慮して在宅の仕事を自分のペースでするだけにとどめ、子供もバイトを減らして勉強に専念するなど、自分たちに合った生活ができるようになっています。

気持ちにゆとりが出て、体調も良くなりました。

借金がなくなり、毎月の支払いをせずに良くなったのはもちろんありがたいですが、これで長年のストレスの原因が消えたことが何よりうれしいです。妻や子供だけでなく、私自身も返済のためのオーバーワークと借金のある将来に対する不安で体調をよく崩していましたが、自己破産をしてからは病気にかかりにくく、今までのように頻繁に仕事を休むことがなくなりました。また、家族での会話も借金やお金以外の話題が増えて、いまさらながらきずなが深まっているのを感じます。手続きをするまでは色々悩んだものの、依頼して良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

プロミスの債務整理体験談

債務整理をした結果、人生が救われました。

借入額80万円

キャバクラ通いが原因で多重債務者に

借入額120万円

過払い金請求をしたら、本当にお金が戻ってきました

借入額280万円

事業で失敗し、借金地獄生活へ

借入額600万円

低所得で月20万円しかない給料でしたが、彼女に見栄を張るために借金をしました。

借入額80万円

自分で計画して返すのは大変です。

借入額60万円