車を残せるかが重要でした

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
4年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

勤務先が倒産したことで解雇されてしまい、失業保険給付だけでは生活できずに借金。

大卒で入社した勤務先の業績が傾いているとは知らずに、朝出社しようとしたら上司から連絡が来て自宅待機を命じられました。異変に気がついたのは、同僚からの連絡で会社が既に倒産したことを知ったのです。住宅ローンを抱えていたので、ボーナスが無くなることが困ったと思いましたが、直近の収入が絶たれることに意識が行くまでに時間がかかりました。失業保険給付を会社都合の解雇だけにすぐに支給開始となったものの、転職先を探す際には会社が倒産した事実が重くのしかかり、同業種での転職は難しかったので借金で生活費を賄う必要がありました。

プロミス、アコム、エポスカード、ジャックスから各100万円の借金。月々12万円の返済。

失業保険給付を受け取ることになり、転職先に困る状況だったので職業訓練校に入りプログラミングを学ぶことにしました。派遣業務でも構わないから早く収入を得て住宅ローン返済を安定させる必要に迫られていました。毎月12万円の返済を行ないつつ住宅ローンの返済を行なうことは不可能と分かっていたものの、地方在住だったので債務整理をすれば車が無くなるという恐怖感から弁護士事務所への相談に踏み切れない状況にありました。税金の支払いを滞納する状態になっていたので、役所に相談に行くと法テラスで法律相談を受けることを勧められました。

個人再生手続きにより、借金を100万円に圧縮出来たので何とか返済出来ました。

法テラスでは最大3回まで30分の無料法律相談が受けられます。最初に面談した弁護士から言われたこととして、小規模個人再生を行なえば家を残せるという話でしたが、車は売却されてしまうという点がネックでした。次に面談した弁護士は、同じく小規模個人再生を勧めましたが、中古車販売店の査定額が数万円以内ならば回収されないこともあることを知り、その弁護士に小規模個人再生を依頼しました。法テラスによる立て替え払いが利用出来たので、職業訓練校卒業後にすぐ派遣社員としてプログラミングの仕事に入り、小規模個人再生を行って毎月の返済額を3万円にまで圧縮出来ました。車は中古車査定額が2万円という評価で、ローンも無かったので回収されませんでした。

現実的に払える額まで圧縮出来たので、新たな人生を歩み出す後押しをしてもらえました。

車が難しければ、中古の原付バイクでも良いかと考えるようになっていましたが、10年落ちの車だったので評価額がほとんど無くて回収されずに済みました。弁護士により、細かい話を聞いて状況に合わせたアドバイスをしてもらえる人と、一般的なアドバイスのみに留める人がいることが法テラスを利用すると良く分かります。債務整理を行なう方法は、種類が多いので自分にとって適切な助言を得られる弁護士に依頼することが大切だと知りました。債務整理を始める時期は、早い方が深刻度が浅くなることも弁護士との面談の中で分かったので、もっと早期に相談して着手していれば良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる場合もある

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

プロミスの債務整理体験談

自己破産を選択肢に加えることが時には必要です

借入額320万円

弁護士さんに救われました。

借入額200万円

任意整理を実際にしました

借入額150万円

弟の為に借金をして多重債務者に

借入額130万円

任意整理おかげで本来の自分を取り戻せました

借入額250万円

度重なる浪費が原因です

借入額80万円