やってみたら意外とスムーズでした。

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
90万円
借入期間
9年1ヶ月
毎月の返済額
3万円

趣味の道具購入で借り入れました。

登山が趣味でしょっちゅう出かけていますが、道具をそろえたり宿泊や食事などの費用が発生した時などに、サラ金から借りて不足分を補うことがありました。一回の額はそれほど多くなかったものの、積み重ねていくとかなりの金額になり、返済が苦しい状況でした。その結果、返済のために再びサラ金から借金をして、借入額が雪だるま式に膨らみ、契約通りの返済ができない状態になりました。借金で首が回らなくなってからは、趣味の登山は道具を処分して全く行きませんが、返済はその後何年も続いている状態です。

ライフカード、オリエント信販、プロミスから各30万円の借金。月々3万円の返済

ライフカード、オリエント信販、プロミスから30万円ずつ、計90万円の借金があり、時々遅れているので請求の電話がかかってきます。返済は遅れながらも続けていますが、毎月の生活で3万円ずつ持っていかれるのはさすがにきつく、しかも借り入れた金額がほとんどなくならないので非常に苦労しています。おかげで、登山仲間や友人、職場の同僚との付き合いもほとんどできなくなり、寝ても覚めても返済のことばかりで頭が一杯です。このままではいつまでも借金が終わらないと考えるようになり、債務整理について調べました。

特定調停で支払額を減らしました。

特定調停をした結果、利息の引き直しをして90万円の借金が80万円になり、毎月各社5000円ずつの返済で良くなりました。はじめての裁判所で緊張しましたが、調停委員の方が上手く仲介をしてくれてスムーズでした。これからは利息も付かないので、4年ちょっとで完済できる見込みです。自分で手続きをしたので専門家に報酬等を払う必要もなく、一気に毎月の負担が半分に減りました。その代り、当分の間借り入れやカードが利用できないという事なので、現金をできるだけ手元に残しておいたいと思います。

ゴールが見えて、安心しました。

毎月の返済額だけで見ると、それほど大きな変化があるとはいいがたいものの、利息が付かなくなった上、元金も多少減らすことができたので、この手続きをした甲斐は十分ありました。いつ終わるかわからない借金を抱えているのは憂鬱でしたが、明確に完済予定が出たことで、返済に対するモチベーションも上がっています。一つ不安が解消されて、仕事や友人との付き合いなどの借金以外のことにも目を向けられるようになり、以前に比べて充実した日を送れるようになりました。大変でしたが、手続きをしてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

ライフカードの債務整理体験談

無意識に見ている広告には気が付かないものです

借入額200万円

クレジットカードのショッピングリボの使い過ぎで借金

借入額130万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円

母子家庭で生活苦のため借金をするように

借入額300万円

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

急いで過払い金返還請求を行った方が良い

借入額180万円