お金の貸し借りは親族間でも慎重に!

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
5年3カ月
毎月の返済額
5万円

水商売をしている母親に名義を貸し、自分が借金を背負った

母と私は離れて暮らしているのですが、ある時商売があまりうまくいっていない話を聞かされました。しかしせっかく苦労して立ち上げた店をたたみたくはない様子。お金があれば解決出来るそうで、私に名義を貸してほしいという内容の話でした。母親は他にも借金があり、これ以上借り入れをする事は難しいそうで、これといった親孝行をしてこなかった罪悪感も手伝って、母親に名義を貸してあげる事にしたのです。しかしこれが借金地獄の始まりになり、親から全く返済が無いまま自分が借金を背負う結果となりました。

220万円の借金をして、月々5万円を返済

親なのでちゃんと返済をしてくれるだろうと考え名義を貸したのですが、お店の運転資金として次々に借金をし、私の側は支払いがとても大変でした。それなりに収入があったのでなんとか返済は続けていたのですが、貯金が全くできない状況。生活も切り詰める必要があり、この状態がいつまで続くのかとても不安を感じるようになりました。何度も返済をするよう親に掛け合いましたが、一向に返済をしてくれません。安易に名義を貸してしまったばかりに、私が親の借金を肩代わりし、生活が苦しくなるという納得できない状況になってしまいました。

任意整理で借金が減額されました

生活が苦しくなり、自分の貯金を切り崩しながらの生活に不安を感じ、弁護士に相談しました。これまで借金などしたことなかったので、こうした事に関する知識が全くなかったのですが、そんな私に丁寧に説明をしてくれ、今回は任意整理という方法で解決する事に。これまでは月々5万円も返済しなければならなかったのですが、月々の返済が2万円に減り、これまでのように貯金をしながら返済も続ける事の出来る状況へと変化しました。5万円を返済していた時は、食費を削ったり光熱費を削ったりして生活が本当に大変だったのですが、返済金額が減った事で生活にも程よいゆとりができ、精神的に追い詰められた気持ちから解放される結果にとても満足してます。

金銭的にも気持ちにもゆとりのある生活を取り戻せた

お金に関する事は、たとえ相手が親であっても慎重に検討してから行動しないと私のように大変な目にあう可能性があります。相手を助けたいという気持ちは悪い事ではありませんが、背負う必要のない債務を背負い自分自身の生活が破たんしてしまう可能性もありますので、私は今後親であっても名義は一切貸さない事に決めました。今回弁護士に相談したおかげで、これまで無知だったお金に関する知識を得られた事は収穫です。不安を感じ不眠にも陥っていたので、借金問題が解決され身体的な不調からも解放されましたので、これからは同じ問題に関わる事が無いよう、慎重な判断や行動をしたいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

楽天カードの債務整理体験談

4社からの多重債務を任意整理で解決した体験談

借入額150万円

いざという時の為に作っていたカードで借金をしました

借入額180万円

オタクが自立して借金を抱えて債務整理

借入額90万円

自宅を手放したくなく借金も相続しました

借入額150万円

ストーカーから逃げるために借金をしました

借入額130万円

アイドルに嵌って散財して借金をするようになりました

借入額130万円