芸人になる夢を清算しました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
7年3ヶ月
毎月の返済額
7万円

芸人になるために養成所に入る費用が足りずに借金。

一度会社員として就職したものの、事務仕事で一生終わってしまうことに疑問を感じて、大学時代からの夢だった芸人の世界に入ることにしました。会社を退職してアルバイトをしながら養成所に通うことになりましたが、費用が予想以上に掛かったので借金で賄うことにしました。芸人仲間には多くの人がアルバイト生活をしていたので、借入先の情報についてもある程度情報網がありました。どこまで信用して良いか分からなかったので、会社員時代からのクレジットカードは維持のみをして、実際の借入先は新規に契約した消費者金融を中心に行っていました。

オリコ、アイフル、レイクから各70万円の借金。月々7万円の返済。

借入先として消費者金融を選んだ最大の理由は、支払いが厳しい月には利払いのみを柔軟に受け入れてくれることにありました。当時は日雇い派遣もまだ禁止されていなかったので、スポット勤務を入れて返済の都合をつけやすかったことを覚えています。状況が変わったのは、日雇い派遣が禁止されたことで、臨時収入源が絶たれてしまい多くの芸人仲間が夢を諦めて就職して行く契機になったのです。実際にピン芸人として進むことに限界を感じて、派遣社員として就職して芸人の世界に入るために作ってしまった借金の清算を行なうことにしました。

司法書士による交渉で借金額圧縮に成功し、完済に至りました。

毎月7万円の返済を派遣社員の給料で支払い続けることが厳しかったので、無料法律相談窓口で相談してみることにしました。今では法テラスとして整備されていますが、当時はまだ組織が出来る前でした。紹介された司法書士に状況を話すと、収支表のようなものを簡易的に書いてもらい、毎月の返済額が3万円程度なら楽に返済出来ることが判明したのです。既に29%の金利で返済している期間が長かったので、借金額は1/3程度に圧縮出来ると分かったのですぐに依頼すると、交渉に半年かかりましたが借金額が65万円にまで圧縮出来たので、毎月3万円の支払いを3年間行なうことで、司法書士に支払う報酬も含めて全部払い終えることが出来ました。

芸人時代の借金を軽くすることが出来て、暮らしが無借金で成り立つようになりました。

派遣社員ではまだ安定性には欠けますが、契約社員や正社員登用制度がある派遣先で勤務しているので、増収に向けて頑張る意欲が沸いてきました。実際の難しい交渉を司法書士に任せることが出来たので、任意整理により金利引き直し計算をして借金総額を減額する苦労をせずに、ただ待っているだけで交渉経過がまとまり良かったです。当面新たな借入は出来ませんが、家計の収支バランスをどう考えたら良いかも司法書士に教えて貰えたので、今でも家計簿とバランスシートを活用しています。少しずつですが、毎月1万円でも貯蓄に回すように節約生活を楽しんで行っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

レイクの債務整理体験談

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

人生のリバイバルプラン

借入額80万円

自己破産を決断すること

借入額250万円

任意整理で返済額が減り、完済後も計画的にお金を使っています

借入額500万円

典型的なギャンブル依存症で多重債務者に。

借入額400万円

結婚を意識した時に任意整理のつもりが過払い金返還請求に切り替わりました

借入額200万円