借金地獄の友人を助けるために自分も借金!

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
2年1ヶ月
毎月の返済額
5万円

借金を抱えている友人を見捨てることができず自分も借金。額が大きすぎて借金地獄に

友人と同窓会であった時の話です。久々にあったということもあって、懐かしさがありました。親しい友人も中にはいて、話していたのですが借金を抱えているということを打ち明けられました。最初は冗談だと思っていましたが、詳しく話を聞いていると、いくら返済しても借金が減らないという状況に陥っているそうで、精神的に迷っていました。その状況を見て、さすがに助けられずにはいられなかったので、一緒に返済していくことになりました。最初はそれでよかったのですが、額が大きすぎて私も借金をすることになったのです。

アコムから50万円、プロミスから30万円の借金。

最初は、自分の給料の範囲内で友人の借金を返済しており、最終的には私に無利子で返済するという形で話は進んでいました。友人の借金は、総額で50万円ほどですぐに返済できると思っていましたが、返済している期間に新たに借金をしていることがわかり、いくら返済しても元金が減らないという状況が発生してしまったのです。最初は気づかず言われるがままに返済をしていたのですが、次第に自分も生活できなくなってしまったので、借金をして生活するようになりました。当然家庭環境は悪化しますし、借金について考えることが多くなりました。

特定調停で借金を全額返済!友人に借金を肩代わり!

過払い金請求をする目的で、税理士事務所に行ったのですが、税理士や弁護士と相談していると、今の状況から察するに、過払い金請求よりも特定調停を行った方が借金を早く返済できるとのことでした。友人には迷惑をかけてしまうと思いましたが、結局は他人ですし、自分の抱えた借金を早く返済することが目的になっていたので、特定調停をすることになりました。友人も確かに返済はしていましたが、追加で借金をしていたこともあって、返済義務がないと判断されてしまい、友人に全ての借金を肩代わりさせることになりました。

借金を全額返済し、生活が一気に楽になりました。

特定調停を行ってからは、友人と会話をすることはありませんでした。しかし、これはメリットでもありました。あのまま、借金を払い続けていると、友人は追加で借金をして私が一括で返済しない限りは、借金を続けていたと思います。事の重大さに気づくことができたということが一番のメリットだと思います。その他には、借金を確実に減らすことができるということでしょう。状況にもよりますが、相手に反省の余地がなかったり、確実に相手に非がある場合は特定調停を開くと、借金を相殺できるので、メリットの一つと言えます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

プロミスの債務整理体験談

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

誰にも言えない借金を綺麗に完済出来ました

借入額90万円

病気で仕事を休んだことで収入が減ったので借金に頼りました

借入額155万円

クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

借入額180万円

友人を助けるために自分も借金!友人が飛んでしまい、借金地獄に!

借入額90万円

商売では生活が成り立たなかったので借金をしました

借入額150万円