借金が大幅に減額できた/42歳パート

2019.03.22 更新

40代自営業

月収
借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
2年5か月
毎月の返済額
3万円

住宅ローンの返済に行き詰りました。

元々は借金などありませんでしたが、住宅ローンを厳しい条件で組んだ結果、冷蔵庫が壊れた時にお金が足りなくなって信販会社でローンを組みました。その後、住宅ローンと信販会社への返済でたびたびお金が不足するようになり、生活費が足りなくなったときに少しずつ借り入れをする習慣が身についてしまいました。思っていたよりも借り入れが簡単にできたこともあり、一社から借り入れをした後は気軽に借り入れ先を増やし、限度額いっぱいまで借りていたので、どんどんトータルの借金額が増えていきました。

合計4社から計80万円の借金、月3万円の返済。

アイフルから20万円、三菱UFJニコスから30万円、プロミスから20万円、オリエント信販から10万円借りていて、時々滞納の連絡が来ていました。夫は住宅ローンの返済で頭が一杯で、こちらの借金については自分で何とかしろと言われて孤独でした。自分の収入が半分近く返済で消えてしまうため、自分自身の買い物は全くできず、子供の支払いや生活費の不足分の補てんなどで全額消えていました。追加の借り入れはもうできない状態ですので、お金がないときには実家から援助を受けたこともありました。

借金がオールクリア!人生をリセットできました。

私自身の収入が少ないこと、自宅は夫名義なので財産がほとんどないことなどから、自己破産を勧められました。抵抗はありましたが、このまま返済を続けていくと子供に負担がかかると思い、結局破産の申し立てをして借金は全額免除してもらいました。破産者という立場になったことは残念ですが、周囲の人に知られてはいませんし、借金がなくなって生活に余裕が出てきたので良かったと思います。弁護士への報酬は、法テラスの法律扶助を利用したので毎月少しずつ払えばよく、これがすんだら貯金を頑張りたいです。

気持ちが楽になり、家族の会話が増えました。

今までは子供の支出や家電の買い替えなどの急な支出があるたびに、不機嫌になって家族に当たり散らしていました。ですが、借金がなくなったことで気持ちに余裕が出て、子供の進学にも前向きに対応できるようになっています。生活費が足りないために借金をしていたので、家計簿をきちんとつけるようにして、毎月の収支をきちんと管理するようにもなれました。夫も家計簿をチェックして、お互いにしっかり話し合って家計のやりくりができるようになりましたので、以前よりも節約しやすい環境になってよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

自己破産を選択肢に加えることが時には必要です

借入額320万円

ダメ夫をつかんだ結果

借入額300万円

過払いで引っ越しができました。

借入額250万円

結果的に減額になりました。

借入額100万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円