軽い気持ちで借りると借金の感覚が麻痺します

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
7年6ヶ月
毎月の返済額
6万円

モビット、オリコ、スタッフィから各50万円の借金。月々6万円の返済。

父が倒れて入院したことを聞いて急いで帰省しましたが、長期入院となるために費用負担を求められました。育ててもらった恩があるので、費用を負担することにしましたが収入とのバランスが崩れて借金をしてでも工面することになりました。無人契約機で30分程度で借りられたので、借入可能枠がまるで自分の貯蓄のような感覚に陥っていたのです。最初の1社目の利用可能枠50万円は、2ヶ月で使い切り2社目に手を出した事から借金額が増えてしまいました。1社のみで抑えていれば債務整理に至ることは無かったと今でも反省しています。

過払金返還請求により借金が無くなりました。

1社からの借入だけであれば、返済額が月2万円と問題無かったものの、3社からの借入になってからは借りては返しての繰り返しでした。最初は負担に感じなかった利息も当時は金利が一番高いオリコで27%と高かったので、元金が減らずに延々と借金返済を続けている状態でした。残業が多い月は余裕がありましたが、会社が閑散期に入ると残業代がほとんど無くなり生活がカツカツの状態に陥っていました。アルバイトを行おうとしても、シフト制の休日のためにスポットバイトしか入れられず、大した金額にならなかったので生活レベルが落ちたままの状態が続いたのです。

頑張って返済していた時の生活レベルから変えずにいることで、貯蓄が出来るようになりました。

各社50万円ずつあった借金ですが、改正貸金業法が完全施行されたことで全てのカードが止まり自転車操業が破綻したことで、債務整理を行なうために債務整理に強い弁護士へ相談に行きました。債務調査を行った結果として、3社とも既に過払い状態が続いており、金利引き直し計算をすると完済済みと判明しました。モビットとスタッフィからは借金が無くなった上に7万円ずつの過払金が戻ってきました。オリコだけは過払金返還請求に応じなかったので、過払金返還請求訴訟を提起して25万円の過払金を取り戻せました

お金の使い方を見直すキッカケとなりました。

債務整理を行わなければならないほど追い詰められた時に、債務整理に強い弁護士を訪ねたことで生活を取り戻すことが出来ました。無知とは恐いもので、既に完済している借金について支払いを続けていたと思うと、もっと早く相談しても良かったと考えています。一度節約生活に慣れると、続けることが以前ほど苦にならなくなったので、借金をせずに現金主義で生活して行けるよう家計簿を付けるようになりました。今ある貯蓄で収入が突然途絶えても、どれくらい耐えられるか把握しておくことで、生活にも余裕を感じられます。お金の使い方を見直すキッカケとなったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

モビットの債務整理体験談

カードを使い過ぎてしまい返済不能の状態になりました。消費者金融からお金を借りて返済と言う自転車操業、最終的には借金地獄に陥りました。

借入額190万円

金利が高いと雪だるま式を実感出来るものです

借入額160万円

アイドルのハワイツアーに参加する為に借金をしました。

借入額361万円

生活苦で借金を繰り返していて本当に怖い思いをしました

借入額290万円

利息は返済を遅らせる原因です

借入額元本ベースで130万円

減額はあきらめていました。

借入額200万円