妻の求めを断れず借金をつくりました

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年9か月
毎月の返済額
7万円

妻の求めを断り切れず、お金を渡すために借金をしてしまいました。

一回り年下の魅力的な女性と知り合い、幸運なことに結婚することができました。ただ妻はこれまで実家暮らしで自活したことがなく、家事が苦手という欠点がありましたがが、そんなことは些細なことです。問題は生活費が足りないと言い出すことで、最初は経験がなく、生活費の使い方が分からないから仕方がないと思っていましたが、半年経っても変わりません。その間も少しずつ足りない無理だと言って渡す金額が増えていき、他にも服やアクセサリーを欲しがり、断ることができずにお金を渡し続けました。その結果、貯金が尽きて借金をすることになりました。

三井住友100万円、セゾンカード50万円、イオンカード50万円、月々の返済7万円

妻に求められるまま生活費を増やしていき、服やアクセサリーを買い与え、気が付けば貯金がなくなり家賃や光熱費の支払いもできなくなって、仕方がなく借り入れをしました。この時点で無理だと告げれば良かったのですが、年下の妻が可愛く、金がないと分かるとがっかりする、場合によっては離婚を言い出されるかもしれないと思うと何も言えませんでした。借金返済と収入アップのために在宅ワークをはじめて、睡眠時間を削ってっ働くようになり、常に疲れ果てていて、心が休まる時もなくストレスを蓄積していきました。

個人再生で借金の総額を大幅に減らし、ストレスが減りました

副業のおかげで返済は行われて、妻の求めに対しても何とか金を融通することができますが、心身が疲れ果ててこのままでは本当にまずいと感じるようになりました。債務整理のことは知識として知っていましたが実際のところはさほど詳しくなく、そこで知り合いの弁護士に相談しました。なんとか妻にばれない、現在の生活を失わずに済む方法があるかを尋ねて、個人再生をすることに決めました。手続きを取ってもらい、無事に可決されると借金の総額が半分近く減って、返済が楽になりストレスも少しなくなりました。

妻に現状を打ち明けるきっかけになり、未来について考えることができました

個人再生で借金の総額が減っても、妻は状況を知らないので求めは変わらず、ここを何とかしないと次は自己破産だと感じるようになりました。そこで覚悟を決めて、貯金がないこと、借金を作って債務整理を行ったことを正直に話しました。すると妻の方が自分を責め始めて、ものをねだったのは寂しいからと分かり、これまでのブランド品を手放して現金にして借金の返済に充てて、家計についても一緒に考えるようにしました。借金は困りものですが、妻と分かりあい、これからの未来をともに考えられるようになったのは救いでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

三井住友銀行の債務整理体験談

ギャンブルにはまる生活から足を洗いました

借入額160万円

自分のギャンブルや酒の浪費のために借金をするように

借入額180万円

金銭感覚の狂いがきっかけで借金地獄に陥りましたが任意整理で救われました

借入額300万円

突然身に降りかかってきた借金は、一人で抱え込むよりも専門家に相談した方が安心だとわかりました

借入額450万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円

変なプライドから周りの人に見栄を張るために大量の借金をしてしまい、辛い借金が始まってしまいました。

借入額400万円