思っていたより大掛かりでした。

2019.03.14 更新

自営業

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
17年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

事業不振の時に生活費として借りました。

個人で左官をしていますが、不景気で住宅の発注が少ない時期などは収入がほとんどありません。子供が小さいころに借金をして生活費を工面したことがあり、それからは不足した時は借り入れをするのが日常的になりました。最近はあちこちの工務店ともつながりを持つようになって収入が比較的安定しているものの、毎月の返済はかなり厳しい状況です。子供がそろそろ大学への進学を検討しており、できるだけ手助けをしてやりたいとは思うものの、借金がある状態では思うようにいかないので、債務整理を考え始めました。

プロミス、レイク、アコムから各40万円の借金。月々6万円の返済

プロミス、レイク、アコムから計120万円程度の借り入れがあり、しょっちゅう遅れているので電話の催促が頻繁に来ます。左官の仕事は成功報酬になっていて、最初は自分の持ち出しで材料の購入等をする必要があるため、返済ばかりに気を取られているわけにもいきません。必然的に電話の対応は妻になり、借金のことを考えすぎて精神的に不安定になりました。子供も進学に向けて頑張っているものの、高卒で就職することも検討しているようです。しかし、それぞれに悩みがあっても借金のことなので、お互い口に出さない状態でした。

自己破産で借金を整理してもらいました。

取引が長いので引き直しもしてもらったところ、多少減額はあったものの大半がそのまま残る状態です。そこで、自己破産の手続きに切り替えて手続きを進めたところ、120万円あった借金はすっかり払わなくてもよくなりました。依頼してからは支払いも止まり、いざというときのために返済に回していたお金はプール金としてストックしていたので、弁護士への報酬も、免責がおりた時点ですぐに払っています。おかげで、これからは生活費にも余裕が出ますし、ある程度は積立貯金をしていけそうなめどが立ちました。

家族での会話が増えて、家計をもっと見つめ直すことになりました。

借金がなくなったことで、家族で一番大きかった不安が解消されました。その結果、今までに胸に秘めていた不安や考えなどを正直に話し合えるようになり、これからどうすべきかがはっきりしてきたように思います。例えば、子供は奨学金を借りてでも大学に行きたいという意思があるようですし、妻は家計のやりくりについてもっと勉強し、急な支出があった時に備えたいという話をしていました。私自身もほかのハウスメーカーにも営業に行って、もっと仕事を受注できるような態勢を整えたいと思います。今回の手続きはいいきっかけでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

レイクの債務整理体験談

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

パチンコにはまってキャッシングから多重債務になりました

借入額150万円

債務整理をしてから堅実にお金を使う様になりました

借入額160万円

意外と簡単な手続きで債務整理が出来ました

借入額300万

債務整理で女性に翻弄された人生をリセット

借入額100万円

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円