フリーランスとしての独立に失敗

2019.03.22 更新

自営業

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

プログラマーとして独立してフリーランスになったものの仕事が激減して借金。

大学時代から経験を積んできたプログラミング技術は、会社員となって働く中で様々な縛りにより発揮できる機会が減少していることに不満を持ち、フリーランスとして独立することにしました。今までの人脈からある程度の仕事は入ってきましたが、法改正に伴い法人以外との取引を行わない会社が増えたことで仕事量が激減しました。法人化すれば良かったものの、そこまでの資金力が無く断念することになりました。今の会社に就職するまでの間は、仕事を整理して生活費の一部を借金で補う生活が続きました。システムエンジニアとしての独立はプログラミングが強いだけでは難しいと痛感したのです。

レイク、シンキから各80万円の借金。月々6万円の返済。。

同時期に独立したプログラマーとも交流があったのですが、フリーランスで働く際にはプロジェクトの頓挫や未払金が発生することも珍しくないことを知りました。会社で請ける仕事には、様々な規制が掛けられていますが、プロジェクトが破綻しないようにするための規制だったことに独立してみて初めて気付くことになりました。今の会社に就職してからは、システムエンジニアとしての業務に専念するようになり、順次借入を返済し続けたことで無事に完済に至りました。今後もフリーランスとなる可能性は残されていますが、周到な準備が必要だと考えています。

過払い金の発生を知った時には、全額取り戻さなければならないと考えてすぐに弁護士に相談しました。

完済から5年経過した時に、インターネット広告で過払い金の存在を知りました。当時の契約書面を引っ張り出して弁護士に相談に行くと、合計で70万円程度の過払い金が既に利息を含めて発生していることが判明したのです。すぐに依頼することになりましたが、訴訟を提起しなければ法定利息まで取ることは難しかったので、弁護士にお任せで依頼すると訴訟提起から6ヶ月後には弁護士費用を差し引いた59万円が手元に戻りました。過払い金の存在に気づかずに10年経過させてしまうと消滅していたことを考えると、早く請求して良かったと感じています。

過払い金の有無は実際に調べてみないと分かりませんでした。

当時は必要に迫られて契約をし、借入を行って返済しただけの意識でしたが、そもそも違法な金利で貸付を行っていた金融会社に驚きました。闇金と変わらない貸付を行っていたわけですから、自分のお金を全額取り戻すことに弁護士による裁判が必要なことは、違和感を感じます。しかし、早めに気づけたことで自分の過払い金を全額利子を付けて返金させることが出来て満足しています。過払い金の返金を求めたことで、相手の金融会社とは今後取引出来なくなりましたが、そもそも違法な貸付を行っていた会社とは付き合いたくないと思っているので問題ありません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

レイクの債務整理体験談

俳優になりたくて、借金とアルバイトで暮らしていました

借入額120万円

借金が戻るとは思いませんでした。

借入額200万円

リボ払いは金銭感覚を狂わせる原因です

借入額320万円

家に住み続けられそうです。

借入額210万円

債務整理をしてから堅実にお金を使う様になりました

借入額160万円

病気で仕事を休んだことで収入が減ったので借金に頼りました

借入額155万円