ストレスからの衝動買いをカードのリボ払いでしていたら多額の借金を抱え、最後は任意整理する羽目に

2017.11.29 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年4ヶ月
毎月の返済額
10万円

仕事のストレスからカードのリボ払いで頻繁に衝動買いに走るようになり、気づいたら借金地獄に。

当時私は会社で上司と後輩の間に挟まれて毎日仕事をこなす日々を送っており、そのストレスは相当のものでした。そんな日々の中の唯一の楽しみは買い物で、私は週末になるとパソコンや趣味で使用する楽器といった高額の商品を買いまくっていました。当時の私の収入は月に28万程度でしたから、当然一括で払えるわけもなく、便利なリボ払いを選択していました。リボ払いはとても便利でしたが、毎月少額ずつしか返済しなかったために買い物をする度どんどん借金が溜まっていき、気づけば自分の力で返せない額にまで膨れ上がっていたのです。

エポスカード、セゾンカード、オリコ、JCB、ジャックスから30~50万円の借金。月々10万円の返済。

滞納はしないようにしていましたが、毎月毎月どんなに必死に返済しても元金が一向に減らないため、毎日不安で一杯でした。いつになったらこの借金生活が終わるのか見当がつかなかったのが、精神的に一番辛かったです。月末になるとお金のことばかり気にし出して、そのストレスでまた買い物をしてしまいたくなる・それを必死に我慢するの繰り返しでした。繰り上げ返済をしようにも既にギリギリの生活を送っていましたからどうしようも無く、ただただ毎日節約しました。冬は寒くても暖房をつけず厚着をして過ごし、食事も安い価格のもやしばかり食べていました。

債務整理を終えて、毎月の返済額が半分になりとても安心しました。

弁護士さんを通して債務整理の中の任意整理をしたことで、各カード会社への返済額が少しずつ減ったことで当然ですが借金の総額も減りましたし、毎月の返済金額は半分の5万円になりました。そのおかげで毎月貯金をすることが出来るようになり、精神的にも余裕を取り戻すことが出来ました。なにより返済期間の目処が立ったことが私の中では非常に大きな希望となり、借金を返していくことに対して前向きになることが出来ました。毎月確実に借金が減っているという実感を得ることが出来たのでとても嬉しかったです。

生活費にお金を回せるようになったので、栄養のある食事が取れるようになり健康になりました。

ストレスが溜まると考えなく大きな金額の買い物をしたくなってしまうという自分の悪い癖を、この経験からしっかりと自分で自覚することができました。そのおかげで、なるべくストレスを溜めないようにする工夫を毎日の生活の中に取り入れるようになり、以前よりずっと無駄遣いする頻度が減りました。多額の借金を抱えた末に債務整理を行ったことを離れて暮らす両親に知られたら、余計な心配をかけてしまうと不安に思っていましたが、任意整理は家族に知られることなく手続きできる方法だったので良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

セゾンカードの債務整理体験談

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円

慣れは多重債務への入り口でした

借入額300万円

債務整理は思ったより簡単

借入額180万円

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

多重債務から生活を立て直す

借入額150万円

見栄を張ることをやめられなかった

借入額240万円