浪費が原因で作った借金250万円が任意整理の結果、120万円に減りました

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
7万円

当時は年収300万程度でしたが、身の丈を越えた浪費が原因で借金が膨らんでしまいました。

借金を始めた理由は浪費です。当時の私は就職活動に失敗して派遣社員として働いていました。正社員になれなかった挫折感と、毎月20万円程度の手取りが相まって散財するようになってしまいました。手取り20万円は決して多いわけではありませんが、それまでずっと学生だったものですから、タガが外れてしまったのだと思います。貯金することなど一切考えず、毎月の給料は次の給料日の10日前には使い切ってしまい、足りない分は消費者金融からの借入で補うという生活を数年続けた結果、借金は250万円にまで膨らんでしまいました。

消費者金融4社から150万円、クレジットカード2社から100万円。毎月7万円の支払い。

収入の一部を貯金するどころか計画的に使うという考えすら持ち合せていなかった私は、散財のツケを武富士からの借入で補うようになりました。武富士から借りられなくなったら次はプロミスといった具合に借入先を増やしていった結果、借金を返済するために借金をするという自転車操業状態に。最終的に毎月7万円も支払わなければならない状況に陥りました。最初の借金から5年以上過ぎた頃、払っても払っても借金が減らない事実が嫌になって働く意欲も失せてしまい、ついに滞納。滞納直後から始まった連日の督促は耐えがたく、大阪の日雇い労働者達が集まる街に逃亡。安宿を根城にしたその日暮らしを4年も続けていたのですが、体を壊してしまい実家に帰ることに。当然実家は私の借金を知っており、親の勧めで債務整理をすることになりました。

任意整理の結果、借金は120万円まで減少。弁護士事務所のプライバシーを守る姿勢が有り難かったです。

当初、弁護士事務所に足を踏み入れるまでは心底緊張していたのですが、担当の弁護士さん以外とは顔を合わせなくて済む仕組みになっていました。弁護士さんはとても親身になって相談に応じてくれたので大変有り難かったです。相談の結果、自己破産も可能だったものの親が難色を示したため任意整理を選択しました。4年間も逃げ回っていたことから遅延損害金は相当な額でしたが、グレー金利で支払っていた時期がかなり長かったこともあり、最終的に合計120万円に減額で和解が成立。残った債務は、毎月2万円ずつ5年掛けて支払うことになりました。当時の私は支払い能力が全く無かったので、弁護士事務所への着手金及び報酬金合計24万円は親に立て替えてもらいました。

多額の借金から逃げ回る生活から解放され、人生をやり直そうという気持ちを持てました。

体を壊して実家に戻って以来、弁護士費用を立て替えてもらったり保証人になってもらったりと迷惑の掛け通しだったのですが、今までとは比べものにならないほど家族の絆は深まりました。実家暮らしをするようになったので、再び派遣社員として働けるようになってからの返済はさほど苦では無く、弁護士費用を含めて綺麗に完済することが出来た次第です。今回の件があるまで私は弁護士に対して偏見すら持っていたのですが、社会的弱者にとって大変頼りになる存在だと思い知りました。偏見を恥じると共に、債務以外の法的トラブルに巻き込まれるようなことがあったら迷わず弁護士に相談したいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

武富士の債務整理体験談

任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

借入額410万円

簡単な気持ちでキャッシング、最後には自己破産に至りました

借入額280万円

払えないと思っていたのにお金がもらえました。

借入額160万円

長年の重荷が消えました。

借入額250万円

長年の苦労が報われました。

借入額300万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万