遊びすぎたツケを払っていました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
11年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

会社勤めをしていた時に連れて行ってもらった風俗店でお気に入りを見つけてしまい通い詰めて借金。

会社勤めをしていると、近年は減りましたが以前は風俗店で接待が行われる事が多かったです。その時にお気に入りが出来てしまい、個人的に毎週のように通い詰めていました。最初は給料の範囲内で行っていましたが、争奪戦が激しくなったので姫予約を確保するために一定数通う必要があり、次第に消費者金融からの借入で賄うようになったのです。お気に入りの娘に通い詰めること18ヶ月すると、無事に風俗店を上がることになり、以後は返済のみを続ける生活に戻りました。当時は会社勤めのストレスが溜まっていたので、借金は残りましたが後悔はありませんでした。

アイフル、レイクから各80万円の借金。月々6万円の返済。

営業の仕事をしていると、接待をすることもされることもありました。風俗店に嵌ったのは、あの時期のみでしたから毎月の返済は通常通り行いました。飲みに行く際に追加で借りることもあったので、返済期間は長くなりましたが、何とか最終的には完済しています。ボーナス払いを行なえば一気に返済出来たものの、独身を貫いていたのでそのままダラダラと何も考えずに返済を続けたことが、最終的に借入期間を長くしてしまったのでしょう。過払い金の存在に気付くまで更に7年程度かかったので、危うく請求権が無くなる手前でした。

過払い金の返還を求めて裁判を提訴しました。1年近くかかりましたが、無事に回収出来てよかったです。

電車の吊り広告にあった法律事務所の広告で過払い金の存在に気付きました。自営業を始めてからは、疑い深い性格になっていたので、自分でネット検索して問題無さそうな弁護士に相談すると、過払い金の金額が大量に存在することが分かったので、取り戻す手続きを依頼しました。全取引履歴を開示請求する段階で、借入当初の履歴が無いと金融会社からは回答が戻ってきたので、残っていた最初の契約書と利用明細票を弁護士に提出して提訴手続きに入りました。一連計算という主張をすることで、最初の契約からの法定利息を追加した金額の回収が可能になりました。弁護士費用を差し引いても132万円の返金を受けることが出来て驚くことになったのです。

提訴手続きを行い、過払いに強い弁護士へ依頼すれば法定利息まで請求出来ることを知りました。

電車の広告で見かけた時には、過払い金なんて大した額では無いと思っていましたが、まさか132万円も手にすることになるとは驚きでした。既に独立して自営業を営んでいたので、いざという時の資金に使えるので助かっています。弁護士に依頼する際には、契約書を全て取ってあり明細もファイリングしてあったので、事務員の作業は辛かったと思いますが何とか対応してもらえました。裁判内容は難しくて分かりませんでしたが、一連計算と分断の解釈が争点になって裁判が長引いたと説明を受けました。弁護士に任せれば、法律知識が無くても自分のお金をそっくり取り戻せることが分かって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

レイクの債務整理体験談

バンド活動をしていた時には借金で生活していました

借入額140万円

簡単なことに何故か気付けずに債務整理に至ることがあります

借入額200万円

事業で失敗し、借金地獄生活へ

借入額600万円

借金から解放、家族との関係も改善

借入額130万円

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円